アートスペース油亀企画展 矢尾板克則展「 浮遊スル冬」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151212日 -  20151225
開催時間
10時00分 - 19時00分
休み
12月17日(木)は展示替えのため休廊
クリエイター在廊

2015年12月12日(土) 
入場料
無料
この情報のお問合せ
アートスペース油亀
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
アートスペース油亀
住所
〒700-0812 岡山県
岡山市北区出石町2丁目3-1
最寄り駅
岡山
電話番号
086-201-8884

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

様々な美術作品を生み出す、矢尾板克則。
彼の作品たちは、観るものを新たな世界に誘います。
それは子供の頃の冒険心に似ているかもしれません。

あの頃は、小さな町のなかですら冒険でした。
「曲がり角の先には何があるのだろう」と、わくわくしたあの気持ちを思い出させてくれるんです。
大人になった私達に、もっとも必要な心を教えてくれる。
地に足をつけて歩き続けながらも、時には寄り道をしたり、知らない町にでかけてみたり。
それまでは何もないと思っていた場所に、未来があることを。

矢尾板克則展「浮遊スル冬」
私達の心が常に浮遊し、変化するように、彼の作品もまた常に変わり続けていく。
その作品に囲まれた空間のなかで、あなたは見つけるかもしれません。

子どもの頃。
未来に向かって、とめどなくフワフワしていたあの気持ち。
人はどんな時でも変わっていける。
そんな希望が、冬の油亀を満たしていくだろう。

「インスタレーション(空間装飾)」
矢尾板克則作品の特徴とも言える、「剥離(はくり)」。
作品に塗った色化粧の上に、土色の化粧土を塗り重ねる。
塗り重ねた化粧土が自然乾燥することで、収縮をおこし、下地の色や表情を剥がしながら落ちていく。
下から浮かび上がるようにして生まれる、風化したような表情。
それが矢尾板克則作品の独自の風合いとなり、世界観を生み出していく。

今回はこの一連の工程を、映像にして油亀のブリキの倉庫に投影。
※ブリキの倉庫の映像空間で、特別イベントのカフェを開催。
※詳細は下記の「特別イベント」の欄を参照。

「空間と作品の余白」
今回の矢尾板克則作品は、配置自体もインスタレーション(空間装飾)となる。
作品単体だけでなく、作品が配置されることで変化する空間との関係が展覧会の目玉の一つである、

矢尾板克則の小屋、note book、山、沼、陶板、立体オブジェなどの美術作品、色絵シリーズや漆で仕上げたマグカップ、お皿、BOWL、そば猪口、ポットなどの日用食器、花器、壺、など、約200点。
築140年の油亀の建物に呼応するように、矢尾板克則の一品作が並びます。
※展示作品はすべて販売いたします。

関連情報

■特別イベント 「冬幻想」
本展限定のスペシャル企画!連日開催!!

来場者は矢尾板克則の映像空間の中で、期間限定のコーヒーを楽しめます。
矢尾板克則の作品が生まれる過程を、実際にその目に届けいたします。
幻想の世界から、現実世界に作品が生まれてくるかのようなその様をお楽しみください。

コーヒーは、矢尾板克則が10年以上愛飲している茨城県の老舗「COFFEE HOUSEとむとむ」さんのオリジナルブレンド、お茶菓子には、矢尾板克則おすすめ!新潟県長岡市の老舗「ガトー専科」さんの林檎チョコレートが登場いたします。

開催日時:会期中は毎日。11:00〜19:00
参加費:600円(コーヒーとお茶菓子つき)

■特別イベントその2 矢尾板克則と「陶片モビール」を作ろう

矢尾板克則作品の制作過程で、剥がれ落ちる化粧土。
赤色ひとつにもいろんな色や表情をくっつけて剥がれ落ちるのです。
今回は、その剥がれ落ちた断片を特別に矢尾板克則の窯で焼成。陶片として焼き上げます。

さまざまな表情の陶片は世界にひとつしか存在しません。
ダンボール紙を使ってカタチを作り、着彩したものと、陶片をつなぎあわせて、風にゆれるモビールを作りましょう。

出来上がったモビールはお持ち帰りいただけます。
あなたのお家の空間が矢尾板克則の世界につながります。

開催日時:2015年12月12日(土)14:00〜16:00
参加費:3500円 (陶片、材料、お茶とお茶菓子つき)
定員:材料がなくなり次第、終了。 予約優先制
お申し込み:086-201-8884(担当:かしわど)
※ご予約優先ですが、当日の飛び入り参加も大歓迎です。
※お子様から大人まで、どなたでもご参加いただけます。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。