陶ISM2011

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20110320日 -  20110321
開催時間
12時00分 - 17時00分
休み
21日 11:00 - 15:00
クリエイター在廊

全日
この情報のお問合せ
WebSite 陶ISM http://touism.p1.bindsite.jp
E-mail tou.ism@gmail.com
事務局 栗谷 Tel/Fax:0285-70-6550
イベントURL
情報提供者/投稿者
poster
開催場所
益子陶芸倶楽部/民宿古木
住所
〒321-4217 栃木県
芳賀郡益子町益子3288-6
最寄り駅
電話番号
0285-72-3866

詳細

展覧会内容

地震の影響により、開催が見送られることになりました。(2011年3月12日)

2010 年、大好評を博した『陶ISM2010』に引き続き、2011 年、『陶ISM2011』を開催致しますのでお知らせ致します。

日本が誇る陶芸の町、益子の地で若手陶芸家が自主企画、自主運営し”自らの力で、自らの未来を切り開く”べく、2010 年3月に開催され、全国から若手陶芸家85 名、ギャラリー・ショップ・メディアの方々49 社が集まり開催、大好評を博した『陶ISM2010』。
古き良き時代を彷彿とさせる築200年を超える庄屋作りの古民家『民宿古木』を舞台に、日本全国の若手陶芸家が己の作品を持ち寄り、展示、販売。2 日間に渡る開催で普段集まることの少ない日本全国の若手作家と協賛ギャラリー・シュップが互いにここで繋がりあい、そして夜間は交流会で大いに盛り上がりました。また、会期中は沢山の一般のオーディエンスも来場。陶芸業界のみならず各方面から大好評をいただきました。

陶芸のイベントだけでも日本全国津々浦々で様々な陶器市やクラフト市が開催されています。ですが、”自らの力で、自らのために未来を切り開くため”若手陶芸家が自主運営・自主開催し世に繋がっていこうとするイベントはこの「陶ISM」のみ!

そして2011 年3月。
若手陶芸家達の未来に繋がる”場”、『陶ISM2011』に半数ほどがニューフェースに入れ替わった計84 名の若手達が益子「益子陶芸倶楽部・民宿古木」に集まり、己の分身とも言える作品達を展示、自らの可能性を世に問います。
冬に咲く、熱い陶芸イベント『陶ISM2011』にご期待下さい!!

参加作家(エントリー順、敬称略)
北川 チカ(東京)生形 由香(益子)ガキミズ チエコローネ(東京)澤岡 織里部(横浜)原 泰介(四日市)
久保 雅裕(神戸)岡井 翼(四日市)池田 大介(東京都町田)野水 美里(益子)内田 裕太(栃木)
シマムラ ヒカリ(東京)遠野 秀子(静岡)hassy(長野)佐々木 康弘(益子)佐藤 未央(笠間)
野田 里美(名古屋)鈴木 陽子(千葉県松戸市)小野 悦子(笠間)飯島 里絵(東京)伊勢 貴俊(千葉)
苫米地 正樹(四日市)兼行 誠吾(瀬戸)高橋 朋子(千葉)村上 祐仁(多治見)山崎 裕子(静岡)
前田 直紀(静岡)鈴木 美汐(笠間)安達 知亨(千葉)加藤 貴也(多治見)草彅 桃江(静岡)
古木 博子(益子)福島 誠(茨城)川西 知沙(多治見)堀内 大輔(長野)杉本 ひとみ(大阪)
鈴木 明日美(笠間)林 さとみ(茨城県つくば市)山本 順子(群馬)田中 雅文(大阪)林 拓児(瀬戸)
平野 照子(新潟)田代 麗(茨城)服部 泰美(越前)川崎 正子(東京)深見 文紀(瀬戸)
小出 麻紀子(東京)田山 ともみ(笠間)大塚 温子(益子)相澤 かなえ(益子)榛澤 宏(多治見)
美器(広島)村田 亜希(益子)安達 あかね(多治見)小川 佳子(神奈川)伊佐 名美子(益子)
児玉 みなみ(京都)田中 元将(大阪)小島 佳代(笠間)宮岡 貴泉(埼玉)酒井 希(大阪)
堀口 彩花(大阪)矢吹 竜也(大阪)川崎 萌(益子)冨川 秋子(笠間)
Staff 兼参加作家
二階堂明弘 (益子・実行委員長)栗谷 昌克 (益子・事務局長)井上 塁(笠間・会場)
寺村 光輔(益子・会計)今井 梨絵(益子・宿泊・食事)森田 公亮(笠間・記録)吉田 丈(益子・会場)
豊田 雅代 (益子・宿泊・食事)松本 良太 (笠間・会場)Kei(笠間・会場)船串 篤司 (笠間・会場)
中園 晋作 (益子・事務)小山 修司(益子・事務)西丸 久美子(益子・事務)西丸 太郎(益子・事務・記録)
平松 龍馬 (益子・宿泊・食事)中村 かりん(益子・宿泊・食事)堀中 由美子(益子・宿泊・食事)
岩下 宗晶 (益子・会計)宮澤 有斗(益子・会計)
以上84 名

関連情報

[ミニイベント]
①「陶ISM Cafeteria」
栃木県内の人気飲食店計5 店舗が2 日間に渡りブースを出店
参加作家の器を使って美味しいメニューを楽しめます
会期中全日(一般の方も楽しめます)
出店情報・当日のメニュー(予定です)
20 日
・「台蔵茶舗」:ヒジノワcafe&spac(益子)、ゾウファンチィ(益子)、風の小径(宇都宮)などでカフェ出店。
当日のメニュー:天然酵母パンと高キビ・豆腐を使ったベジバーガーやポタージュ。
珈琲、ジンジャーティー等
・「カフェ&レストラン PULS cafe」:宇都宮市西1-1-5 2F tel:028-633-9229
当日のメニュー:ベーグルプレート(サラダ・スープ・キッシュ付)
21 日
・「pain de musha musha and coffee」(パン・ド・ムシャムシャ):
益子町益子4135 tel:0285-72-7874 open:10:30>18:00 月・火定休
当日のメニュー:ホットドッグ/豆コロッケサンド/クリ-ムチーズ&サーモンのサンドイッチ/
ミネストローネ/コーヒー
・「作坊 吃」(ゾーファンチィ):益子町塙490 tel:0285-72-3606 open:12:00>20:00 or 10:00>16:00 木曜定休
当日のメニュー:グリーンカレープレート他
ジンジャーティー/ジンジャーエール/トロピカルジュース/スイーツも出す予定です。
・「ワークショップ770」:
益子町山本721-8 tel:0285-72-6089(パン工房Bou lange770)日曜日のみの営業 open:10:00>18:00(12 月>2 月は17:00 まで)
当日のメニュー:焼き肉ランチ/ほうじ茶

②「陶ISM2011 スペシャルイベント」
陶ISM×カシワジサケテン+酒器道楽 陶ISM で味わう栃木の美酒
20 日12:00>17:00
(一般の方も楽しみめます)
◇概要:
・宇都宮の「カシワジサケテン」さんがベストチョイスした栃木の美酒たちを、陶ISM 参加作家の器で試飲でき
ます!
・日本酒の魅力、器との美味しい関係を酒器道楽の佐々木達郎が語ります。ゆるりとした雰囲気の中、お気軽に
お楽しみください!
◇試飲:カシワジサケテンベストチョイスの栃木の美酒を試飲できます。
※有料試飲:ぐい呑み一杯につき200 円〜(銘柄によって異なります)
◇美酒:栃木の銘酒を5〜7 種類ほどご用意します。銘柄は当日までにご案内します。
※ご用意する日本酒には限りがありますので、完売の際はご容赦ください。
◇酒器:陶ISM 参加作家のぐい呑みで試飲できます。
また試飲コーナー展示のぐい呑みをご購入の方には、お好きな日本酒を一杯、無料でサービスします。
◇酒器道楽主宰
・佐々木達郎プロフィール
旨し酒、佳き肴、粋な器。
三位一体の悦楽を設える酒器道楽(http://www.drink-style.com/)を主宰。
蔵元とのコラボや懐石料理人とのユニット、日本酒の会など美酒佳肴と器の魅力と悦楽を伝えています。
日常は「日々是逍遥」也。
※当日、お車を運転される方には日本酒をお出しできませんのでご了解ください。

③「陶ISM グループディスカッション」~陶芸界の可能性と方向性を求めて~
参加作家・企業が質問を共有し、理解しあいながら
陶芸の今とこれからを考えていくグループディスカッションを開催。
20 日20:00~(一般の方はご参加出来ません)
グループディスカッション詳細
参加者が6グループに分かれて、六つの質問の内、各グループ⼀つの質問の実際と可能性をまとめまる。
最終的に、六つのまとめをひとつにして、陶芸の可能性と⽅向性の⼀つを導き出していく。
陶芸のこれからを皆さん⾃⾝で考えるディスカッションになります。
◎六つの質問
「作家の視点」
・作品をつくるということとは?
・作品を発表し、外の世界に繋げていくことはどういった可能性があるのか?
「お店の視点」
・お店を経営するにあたって必要なこととは?
・作品とお客を繋げる上でギャラリーができる可能性とは?
「陶ISM の視点」
・陶ISM の存在意義とは?
・陶ISM がより魅⼒的なものになるためにできることとは?
タイムスケジュール
18:30 交流会スタート
19:30 作品交換開始(30 分)
20:00 グループディスカッション説明(10 分)
20:10 グループに分かれる(10 分)
20:20 グループディスカッション開始(30 分=話し合い20 分+まとめ10 分)
20:50 各グループ発表(60 分=1 グループ10 分×6 グループ)
21:50 まとめ(20 分)
10:10 陶ISM グループディスカッション終了

[交流会]
20 日18:30 より民宿古木にて参加関係者での交流会を行います。
(一般の方はご参加になれません)
プレス関係者、及び当日来場くださった企業の方で、参加を希望する方は事前にご連絡、もしくは当日受付にてそ
の旨えをお伝えください。
※当日は人数が多い場合、会場の都合でお断りする可能性もございます。ご了承くださいませ。お早めのご予約を。

主催・協賛・後援

協賛企業(エリア別・順不同)
一品更屋(ウェブ)酒器道楽(ウェブ)陶工房(ウェブ)達人達(ウェブ)
せいかつ道具店WOMB*(関東)GALLERY FUURO(関東)CONTRASTO GALLERIA(関東)うつわ謙心(関東)
Azabujuban Gallery(関東)gallery ten(関東)なか玄アート(関東)ハーブや たちばな(関東)石の蔵(関東)
井中居 ichukyo(関東)燈々庵(関東hotsumi GALLERY(関東)益古時計(関東)GALLERY ヌーベル(関東)
やまに大塚(関東)株式会社山口陶器店(関東)陶庫(関東)ギャルリーワッツ(関東)株式会社つかもと(関東)
直や(関東)hibi(関東)野田耕一編集デザイン工房(関東)回廊ギャラリー門(関東)Gallery Yamamoto(関東)
アンリロ(関東)ゾーファンチィ(関東)くらしの知恵と道具jokogumo(関東)gallery a(関東)
AC デザイン・AC ギャラリー(関東)KAURI(か・う・り)(関東)kyohan 6 gallery(関東)
GALLERY 花香町(関東)pain de musha musha(関東)株式会社ふた葉(関東)gallery re:tail(関東)
器のギャラリー 光(こう)(関東)趣味の陶磁器陶右衛門うつわ屋ゆらり堂(関東)l'Outil(るてぃ)(関東)
器とギャラリー『さんて』(関東)マミカ・陶のギャラリーとカフェ(関東)ヒジノワ CAFE&SPACE(関東)
株式会社JAHUSC(関東)PETITLUXE(関東)ギャラリー ソラノハコ(関東)
たち吉本店(近畿)アートサロン山木(近畿)ギャラリー米田(近畿)
アートスペース油亀(中国)
司電気炉製作所(中部)手仕事扱い処 ゆこもり(中部)
ギャラリー克泉(東北)うつわ茜(東北)晩翠画廊(東北)
スタジオ木瓜・日野明子(個人)
へうげもの(メディア)陶業時報(メディア)
以上60 店(社)(2 月末現在)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。