フランク・ゲアリッツ「空間の定義」  “The Definition of Space”

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151017日 -  20151121
開催時間
13時00分 - 19時00分
休み
日・月・祝
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
タグチファインアート
情報提供者/投稿者
開催場所
タグチファインアート
住所
〒103-0023 東京都
中央区日本橋本町2-6-13山三ビルB1F
最寄り駅
三越前
電話番号
03-5652-3660

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

フランク・ゲアリッツは1964年ハンブルク近郊、バート・オルデスロー生まれ。現在ハンブルクを拠点に、ヨーロッパとアメリカで定期的に作品を発表しています。その作品はヴェサーブルク美術館(ブレーメン)、ハーグ市立美術館、ポントワーズ美術館、パンザ・コレクション(ヴァレーゼ)、ナショナル・ギャラリー(ワシントンDC)、ブルックリン美術館(ニューヨーク)、メニル・コレクション(ヒューストン)等、多くの美術館、個人コレクションに収蔵されています。

ゲアリッツが、抽象的・幾何学的な言語によって作品を制作している今日の作家のなかで、最も重要な作家のひとりであることは疑いありません。一見しただけでは、彼の作品はミニマリズムやコンセプチュアルアートの道を遡るものに見えるかもしれませんが、そうした見方はあまりにも一面的です。ゲアリッツの作品においては個々人の知覚の生き生きとした部分に関わる性質が重要であるからです。彼の作品は表面的な見かけよりも実に深淵であり、美術史の議論に対しても常に多様な引用と見解との複雑な織を提供しています。

彫刻家として出発

ゲアリッツは彫刻家としてそのキャリアを開始していますが、長い期間にわたり、自らの彫刻的な思考を、主にドローングという形式において発展させてきました。それはドローイングでありながらもレリーフ的な性格を強く備え、彫刻同様、周囲の空間にエネルギーを強く発散させます。彼はこれまでに、初期の彫刻インスタレーションをもとに、二つの主要なシリーズ作品を生み出しました。一つはMDFパネルに描く鉛筆のドローイングであり、もう一つはアノダイズ処理されたアルミ板の上にペイントスティックで描くドローイングです。

鉛筆によるMDFのドローイング

ファベール社のカステル9Bという鉛筆で、ゲアリッツは工業的に生産されたMDFパネルの平滑な表面の上に、小さなストロークのハッチングによって黒鉛の層を何層も重ねていきます。垂直と水平という異なった方向に素描することによって、網の目が描かれ、作品の基本構造となります。この幾何学的構造の正確さが、黒鉛という素材がもつ効果によって、知覚のまったく異なるレベルに変換されます。表面に積み重ねられた黒鉛は、私たちがまったく予期せぬ様相で光を捉えます。本来は暗闇であるはずの黒い平面が部分的に鏡のように光を反射し、鑑賞者自身の姿や周囲を映し出します。私たち鑑賞者の眼差しは、作品表面で、光に満ちた世界を旅することになるのです。

ペイントスティックによるアルミのドローイング

もう一方のシリーズで、ゲアリッツは自らの指示通り慎重に製作され、アノダイズ処理されたアルミ板の上に、黒いペイントスティックをぶ厚く(約 5 mm)塗り重ねていきます。実際の作品を正面から見たとき、私たちは表面の透徹した黒色の美と、塗り残された部分のアルミ素材の工業的な美、また作品の厳正な精度に魅了されます。そしてMDFのドローイング同様、光を孕んだり反射したり、私たちが生きている実際の空間と複雑に反響するのを体験することができます。

紙のドローイングと壁のドローイング、オークション/案内状
 
これら二つの言うなれば「壁の彫刻」とは別に、ゲアリッツのこれまでの20年間の仕事には、紙に鉛筆で描くドローイングのシリーズ、印刷物の上にペイントスティックを塗る(案内状とオークション)シリーズ、そして壁に直接鉛筆でドローイングする、モニュメンタルなウォール・ドローイングがあります。どの作品も総て等しく、限られた幾何学的な語彙によって構築されています。

空間の定義

空間を定義することは、ゲアリッツがその初期の彫刻作品やインスタレーション作品から一貫して取り組んでいるテーマです。どのような大きさのどのような形態を、どのように置くと、どのような空間がそこに生じるのか。作家が「センター」と呼ぶ基本単位である直方体は、平面作品では見る角度によって正方形や長方形として現れます。彼の試みは「センター」を画面のなかの様々な位置に置き、それによって生まれる空間を検証しようとするものです。

昨年の個展ではアルミ板の上にペイントスティックを厚く塗り重ねた作品を展示しました。タグチファインアートで2度目の個展となる今回は、もう一つの彼の主要な作品である、MDFボードに鉛筆のストロークを重ねたドローイング3点を中心に、紙に鉛筆で同様に描いたドローイング5点を併せて展示致します。ぜひご高覧下さい。

関連情報

オープニングレセプション 10月17日(土)17時~19時

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。