異色の鉛筆画3人展 〜中井結・飴屋晶貴・西牧徹〜

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151014日 -  20151022
開催時間
13時00分 - 19時00分
休み
日曜休廊
入場料
無料
この情報のお問合せ
担当:志知(しち) shichi@please-select.me
TEL:080-3757-3265(展示期間中のみ)
情報提供者/投稿者
開催場所
ぎんけいさろん&ギャラリー
住所
〒104-0061 東京都
中央区銀座1-16-5 三田ビル3階
最寄り駅
宝町
電話番号
080-3757-3265

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

異色の鉛筆画3人展
〜中井結・飴屋晶貴・西牧徹〜
(ゲスト:ひさうちみちお・犬養康太)
2015/10/14(水)〜10/22(木)※日曜休廊
13:00~19:00
ぎんけいさろん&ギャラリー
東京都中央区銀座1-16-5 三田ビル3階
入場無料

中井結 (もみね画家)
1962年、宮崎県日南市生まれ。
高校の美術教師にデッサンを褒められて受験した東京芸大、多摩美、武蔵美にすべて落とされる。
昆虫採集のバイト、古新聞の回収、ゴミ拾い、売血、穴埋め漫画家、雑貨屋、ギャラリー店主、DJ、専門学校講師、ロゴデザイン、家庭教師、セドリ転売等の職業を経て、ヤフオクを契機に2008年より画家になり、2009年からグループ展などに参加している。

飴屋晶貴
札幌在住。
音楽ライブやショー企画などのポスター、Tシャツ、CDジャケット用の挿画を義理で引き受け、道楽で制作する日曜画家。
2012年、札幌市内のバーやギャラリーにて、デジタル絵画の個展を始める。
2014年、中井結のプロデュースにより那覇市で開催されたMM展への参加を契機に制作領域を鉛筆画に切り換え、札幌市のギャラリー犬養を中心に作品を発表している。

西牧徹(黒戯画家) 
1964年生まれ。
漲るフェティシズムを『黒戯画』というスタイルに落とし込んだ稠密な鉛筆描写をする。 少女、少年、玩具、食物、そしてブーツにソファなどのモチーフを得意とする絵の数々は「華やかな闇」とでも称すべき、エロス奇想のカオスである。
国内及び海外(フランス、スペイン、中国)の画廊、百貨店で作品を展示。
2014年にはアトリエサードより初の画集である『ロカイユの花粉』が刊行された。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。