琳派四百年記念祭 琳派展17「MIHO MUSEUM所蔵 琳派のやきもの 乾山」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20150919日 -  20151123
開催時間
10時00分 - 18時00分
入館は17時30分まで
休み
月 (祝日の場合は、翌日)、9月24日(木)(※9月21・22・23は開館)
入場料
有料
一般1100円(1000円)、学生800円(700円) ※( )無いは20名以上の団体料金
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
細見美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
細見美術館
住所
〒606-8342 京都府
京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
最寄り駅
東山
電話番号
075-752-5555

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 尾形乾山(1663~1743)は、尾形光琳(1658~1716)の実弟で、江戸時代を代表する陶芸家として知られます。乾山は京焼の伝統を踏まえながら、広く作陶活動を展開し、中でも琳派のデザイン性を取り入れた大胆な意匠は、独創的な乾山ブランドとして人気を博しました。

 本展ではMIHO MUSEUMの所蔵する乾山焼の優品を一堂に展示します。400年に及ぶ琳派の流れの中でも一際ユニークな存在となった乾山焼。自由で文人的ともいえるその作風は、陶芸の世界における琳派の豊かな芸術性を示すとともに、18世紀に大きな飛躍を遂げた京の町衆文化の象徴、展開を示すものとも位置付けられましょう。

【前期】9月19日(土)~10月18日(日)
【後期】:11月20日(火)~11月23日(月・祝)

関連情報

■ギャラリートーク(※予約不要・聴講無料)※ただし、別途入館料が必要
 畑中章良氏(MIHO MUSEUM学芸員)をお招きし、作品を前にその魅力を熱く語って頂きます。
 日時:9月19日(土)14時~
 場所: 細見美術館 展示室

■第35回 アートキューブレクチャー MIHO MUSEUMの乾山コレクションについて(※有料・事前申込制)
 日時:10月31日(土)14時~
 講師:畑中章良 氏(MIHO MUSEUM 学芸員)
 定員:50名
 会費:一 般 600円 /友の会  無料
 場所:京都市勧業館(みやこめっせ) 地下1階 工芸実技室

主催・協賛・後援

主催:細見美術館 読売新聞社
後援:琳派四百年記念祭委員会
特別協力:MIHO MUSEUM 

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。