ブランクの住空間:松井沙都子 展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20150918日 -  20151004
開催時間
11時00分 - 19時00分
金曜日20:00まで・最終日18:00まで
休み
月曜日休廊
この情報のお問合せ
Gallery PARC 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2015年9月18日(金)から10月4日(日)まで、松井沙都子による個展「ブランクの住空間」を開催いたします。

 2004年に京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻を卒業、同大学大学院を経て2015年に同大学大学院美術研究科博士(後期)課程油画領域満期退学する松井沙都子(まつい・さとこ/1981年大阪府生まれ)は、2007年の個展『THOM』(gallery wks./大阪)以降、近年のおもな展覧会では「はならぁと こあ 奈良きたまちエリア『在り処をみる』」工場跡(奈良、2014)、「TWS-Emerging 206 /Blind Place」(トーキョーワンダーサイト本郷、2013)、「悦ばしき知覚」(ギャラリー16・京都、2013)など、大阪・京都・東京を中心に多くの個展・グループ展などによる継続的な活動を続けています。

 これまでおもに絵画による作品制作に取り組んできた松井は、近年に「現在の日本の生活空間をテーマに、『空っぽ』な状況を体験的に見せるインスタレーション作品」を続けて制作しており、本展覧会もまたこの試みの流れにあるものとなります。
 松井はこれらを「現在の日本の生活空間を独自の観点によって解釈し、造形的に象ろうとする」ものとして、そこに「1. 生活空間にまつわる表層の脆弱性 2. 身体感覚としての空洞 3. あるものが一定に留まらない状態」という視点を据えています。 例えば私たちが身体を置く見た目に整った住空間は、おもにコンクリートや石膏ボードなどの建材の表層に、ごく薄い壁紙や木目のプリントされた内装材、暖かな色味の照明器具などによって構成されているものが多くあります。言い換えれば私たちの住空間は、この薄い表層と、いくつかの少ない要素によって成立しており、ここに日常として暮らし、あるいはそこに安らぎや郷愁を覚えるほどの原風景としてすら認識しています。また、私たちはその表層に触れることで、その材と視覚との差異を認識しており、目と身体による認識の矛盾をも同時に共有しているとも言えます。

 住空間におけるこれらの不整合は、私たちの日常の脆さとともに、整合されることのない視覚と身体のあいまいさに対する「私たち」の認識のあり方に深く関わるものであり、そこに眼差しを向けることは、私たちの「不確かさ」や「曖昧さ」を少しだけ明らかにする行為であると言えます。
 インスタレーションと写真作品によって構成する本展において、松井は一瞬の「空っぽ」を出現させようと試みます。それはまた私たち自身の「空っぽ」を映し出すとともに、それらを内包する私たちの在り処を問うものであるかもしれません。

尚、会期中の9月26日[土] 16:00時より、美術家・山本聖子氏(http://www.seikoyamamoto.net/)をお招きし、松井沙都子と対談形式によるトークイベントを開催します。
幼少の頃からニュータウンで育った山本聖子は、『内側(プライベート)を感じさせない均質な空間の集合を原風景に持ちながら、その機能性・合理性優位な都市に暮らすなかで自身の感覚機能の衰えに焦燥感を感じずにはいられなかった』として、その自身の身体感覚を始点に、これまでに「間取り図」を用いた作品などを制作・発表しています。
この「都市空間における身体の不確かさ」といった興味領域は、松井沙都子の現在の制作テーマに符合する部分も多く、本展では両者に共有される身体感覚から互いの制作にまつわるお話しまでを対談形式でトークいたします。

関連情報

「トークイベント 松井沙都子×山本聖子」
9月26日[土] 16:00より(75分予定)・入場無料
美術家・山本聖子氏(http://www.seikoyamamoto.net/)をお招きし、それぞれの作品制作にまつわるお話しを中心にトークいたします。

主催・協賛・後援

Gallery PARC

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。