みえないものとの対話: Dialogue with Something Invisible

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151010日 -  20151108
開催時間
10時00分 - 20時00分
休み
10/20(火)
入場料
有料
一般:400(300)円  学生:300(200)円
※()は前売料金/チケットぴあ ※再入場可 ※高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料 ※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
三菱地所アルティアム
情報提供者/投稿者
開催場所
三菱地所アルティアム
住所
〒810-0001 福岡県
福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
最寄り駅
福岡
電話番号
092-733-2050

詳細

展覧会内容

プログラミングやwebサービスを用いて制作を行う、1980年代生まれの若手作家たち

三菱地所アルティアムでは、気鋭の若手作家を取り上げて紹介する企画展を開催します。本展で取り上げる作家は全員1980年代生まれで、プログラミングやwebサービスを用いて作品制作を行っています。音や光を組み立てることで、非日常の異空間を出現させる久門剛史。ネットアートの旗手でweb上で作品を発表するラファエル・ローゼンダール。iPadやiPhoneなどをモチーフに使用し、コンピューターによって作られた虚構と現実から、関係性の違和感を炙り出す谷口暁彦。webサービスや3Dプリンタを用いて、コンセプチュアルな作品を生み出す渡邉朋也。それぞれに表現手段が異なりますが、共通しているのはプログラミングなどを駆使しながらも、「水」や「風」といった自然現象、あるいは記憶といった予測不可能さを作品に取り込み、昇華させる詩的な感性にあります。

現代、私たちは日常に溶け込む様々なサービスや情報端末機器、インターネットなど高度に発達したテクノロジーと膨大な情報に取り囲まれて生活しています。しかし、どんなに社会が変化したとしても中心には人間があり、自然があり、もやのような曖昧さがあります。同時にユーモアや意識の底に眠る記憶、矛盾や第六感といったものも人間に備わった普遍的で根源的な感覚と言えるでしょう。いつの時代も人は“みえないなにか”に思いを巡らせ、表現活動の起点としてきました。今の時代を生きる作家たちが見つめる“みえないなにか”とは一体何なのでしょうか。彼らの作品は私たちの常識をときほぐし、新たな視点で世界を眺めることを教えてくれるに違いありません。本展により鑑賞者がそれぞれに想像し、思考する場となれば幸いです。

4名の参加作家と作品の魅力について

久門 剛史は、サンプリングされた音と光、現象を用いて非日常の劇場的な空間を出現させるアーティストです。2002年に結成されたアーティストグループのSHINCHIKAにサウンド担当として参加し、作家としてのキャリアをスタート。近年は精力的に個人での作品発表を行っており、今年11月には「日産アートアワード2015」の展覧会を控えるなど注目を集めています。本展では無数の時計を使った作品《after that.》と突如音が鳴り響いたり、電球が点滅したりと様々に変化する神秘的なインスタレーション《Quantize》を九州で初めて展示します。

ラファエル・ローゼンダールはインターネットのドメイン名で作品を販売し、発表しています。購入された作品は、世界中の誰もが24時間鑑賞可能で、アートの所有性と公共性、開かれたアートの在り方を追求しています。本展はインスタレーションとして《looking at something.com》を展開。鑑賞者が作品に働きかけると、画面上の雨の強弱を変化させたり、晴天にできたりするインタラクティブな作品です。コンピューターによる自然を、鑑賞者はまるで神話の神のように操作することができます。

谷口 暁彦は作品《思い過ごすものたち》の連作を発表します。この作品は、日用品とiPadやiPhoneなどを組み合わせた彫刻作品の連作で、もはや現代人にとって身近にあって当たり前の情報端末機器と人間との関係を見つめ直した作品です。扇風機の風に揺れるiPadの画面に風で揺れるティッシュペーパーの映像が流れたり、iPadに水が流れることでアプリケーション機能のメモ帳に文字が時折入力されたりする現象をコンピューターによって作り出しています。コンピューターの生む虚構と現実とが曖昧になった一瞬、私たちの日常へのまなざしが揺るがされることでしょう。

また渡邉 朋也は、webサービスや3Dプリンタを用いて、批評的かつユーモア溢れる作品を生み出してきました。今年6月に「マテリアライジング展Ⅲ」で発表された作品《荒んだ生活を極力なおそう》では、紛失した割り箸の片方を3Dプリンタで復元するユニークな作品で注目を集めています。本展では商業施設のイムズビル館内にて新作を展開します。

関連情報

■みえないものとの対話 オープニングレセプション《作家来場》
 日時:2015 年10月10日(土) 18:30〜20:00 ※入場無料
 会場:三菱地所アルティアム(イムズ8F)
 申込:予約不要

■みえないものとの対話 アーティスト・トーク〈久門 剛史〉
 日時:2015 年10月11日(日) 14:00〜(60分程度)※入場無料
 会場:QBCサテライトスタジオ(イムズ8F)
 申込:予約不要
 定員:25名程度

■みえないものとの対話 アーティスト・トーク〈谷口 暁彦+渡邉 朋也〉
 日時:2015 年10月17日(土)開場17:30~ 開演18:00〜(90分程度)※入場無料
 会場:デジタルハリウッド福岡校(イムズ11F)
 申込:予約不要
 登壇者:藤岡 定(アーティスト/「anno lab」代表取締役)
 定員:50名
 ※当日、定員に達し次第、受付終了とさせて頂きます。

■みえないものとの対話
 本展ディレクターによる作品解説
 日時:2015 年10月24日(土)、 11月1日(日)、11月3日(火・祝)、 11月7日(土)
 16:00〜(30分程度)※入場無料
 会場:三菱地所アルティアム(イムズ8F)
 申込:予約不要
 ※展覧会チケットは別途必要です。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。