Blanket and dog 寺岡 海 展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20150901日 -  20150913
開催時間
11時00分 - 19時00分
金曜日20:00まで・最終日18:00まで
休み
月曜日
この情報のお問合せ
info@galleryparc.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 ギャラリー・パルクでは、9月1日[火]から9月13日[日]まで、寺岡 海による個展「Blanket and dog」を開催いたします。

 2012年に京都嵯峨芸術大学油画分野卒業した寺岡海(てらおか・かい/1987年・広島県生まれ)は、2012年に個展「世界と私のあいだ」(KUNST ARZT・京都)を開催、2013年より選考された「大学美術館を活用した美術工芸分野新人アーティスト育成プロジェクト」(京都工芸繊維大学美術工芸資料館)などでの発表を続けています。

 寺岡はこれまで自らの疑問や興味について考えたり、実験したり、そのためのメディアを選んだりしながら、それらプロセスを作品として提示するかのような発表に取り組んでいます。
 例えば《雲を反対側から同時に撮影する/2011年9月13日(火)12時15分》という作品では、「目の前の空に浮かぶ雲の裏側はどうなっているのか?」の疑問に対して、「実際に空に浮かぶ雲のオモテとウラにまわってみる」ことを「してみた」もので、会場には行為と結果にまつわるの映像や写真が展示されました。また、《星をつくる》という作品は、発光するプラスチックの星をヘリウムガスが充填した気球で夜空に浮かび上がらせ、私たちの目に映る夜空に星をつくる試みでした。その他にも知人に枕を借りて、その枕で寺岡が眠って見た夢の記述を展示した「人の枕の夢をみる」や、「アーティストの寝ている姿を撮影する」などのユニークな試みは、いずれも「自分のコントロールすることができない出来事」への興味を発端に、方法やメディアを選びながらアプローチされたもので、その興味が寺岡の動機となっていることがわかります。

 本展「Blanket and dog」では、寺岡の知人が語った「夢の中で犬を撫でていたのですが目が覚めると自分の被っていた毛布を撫でていた」というエピソードに端を発するものです。「世界と私の間における不可能性を考えることは、同様に可能性を考えることにつながるのではないでしょうか。」とする寺岡は、この話の中で「現実の世界での毛布と夢の中の犬がその二つの世界をつなぐものとして存在していること」に注目し、ここから「夢の犬を触れる為の方法を実践したり、この考え方を用いたときに夢と現実の間に起こりうる問題を考えてみたい」としています。
 会場にはこのテーマに対し、寺岡の「過程」と「方法」が、写真・映像・言葉などによりあいまいな結果として展示されます。さて、「夢の中の犬に触れる」ことはどう不可能だったでしょうか。

主催・協賛・後援

Gallery PARC

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。