青木 允 展 ―背後から―

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151005日 -  20151010
開催時間
11時30分 - 19時00分
最終日は17:00まで
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
info@hinoki.main.jp
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリー檜e・F
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-9-2 宝国ビル4F
最寄り駅
宝町
電話番号
03-6228-6361

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ローキャンバス、アクリル、オイルバー等

作家のコメント
「背後」(背後は黒の基礎平面を意味する命名)は2003年釜山空間画廊での二回目の個展の作品として制作したものだった。韓国でのオープニングに来てくれた野村太郎(美術評論家)は絵ではなく、背後は良いタイトル名ですネ、と褒めた。上田に住み三年半、のんびりするつもりだったのだが、ベトナム展に誘われ制作したのが「見えにくいもの」です。今回’03年の「背後」から「見えにくいもの」と「背後」の経過を見ていただきたいと思います。

「背後」
基底としてのローキャンバス(白い地塗をしてないもの)は、色だけでなく積極的に重層化に参加する。そしてアンチテーゼする。つまりアンビバレンスな意識は、色を重ねることと反対に削ったり、消す方向に向かう。これ等が時空を浮遊する。

無意識から意識化へ
何にも考えず、日常を過しているが、ふと目にするものが面白く見えることがある。それからしばし見た後、これを忘れないようにと記録する。長年住んでいた所から別の場所に移り住み、ボーとしていれば絵のことを忘れられると思っていたが、現実では、それは難しい。
絵のことは白紙状態にするべく努めた。
そんなこんなで「見えにくいもの」は生まれた。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。