伊藤若冲と京の美術 ―細見コレクションの精華

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20150918日 -  20151103
開催時間
10時00分 - 18時30分
9月 閉館は日没後30分
※展示室への入場は閉館時刻の30分前まで
休み
火曜日(ただし9月22日、11月3日は開館)、9月24日(木)
入場料
有料
一般1000円(800円)、大学生600円(450円)、小中高生300円(250円)
企画展・コレクション展セット:一般1150(920円)、大学生700円(530円)、小中高生300円(250円)

※ ( )内は20名以上の団体料金 ※ 小・中・高生の学校教育活動での観覧は無料 ※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料 ※ 前売券は、ローソン各店(Lコード69492)、チケットぴあ窓口(Pコード766-942)、JRの主な駅、主な旅行会社、各プレイガイドにてお求めになれます(8/10発売) ※ ミュージアム・パスポートでご覧いただけます
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
島根県立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
島根県立美術館
住所
〒690-0049 島根県
松江市袖師町1-5
最寄り駅
松江
電話番号
0852-55-4700

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

細見美術館(京都市)は、江戸時代を代表する画家・伊藤若冲(1716-1800)の絵画を数多く収蔵し、その内容の豊かさから、内外屈指の若冲コレクションとして広く知られています。本展では、15点の若冲画を中心に、円山応挙・池大雅ら個性豊かな京の画家たちの絵画、華やかな京の姿を映す遊楽図や祭礼図、古典文学を題材とした物語絵や歌仙絵、そして茶の湯の美術など、「京」の面影を今に伝える古美術94点を一堂に展示します。奇才若冲を生み育んだ、伝統と革新が織りなす「京」の美意識を感じていただけます。

関連イベント

■オープニング・ギャラリートーク  ※要企画展観覧料
 講師:細見良行氏(細見美術館 館長)
 日時:9月18日(金)10:00~(約40分)
 会場:企画展示室

■記念講演会 「伊藤若冲と京の美術」  ※聴講無料 ※当日先着順
 講師:細見良行氏(細見美術館 館長)
 日時:10月12日(月・祝)14:00~(13:30開場/約1時間半)
 会場:美術館ホール(190席)

■ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)
 ※要企画展観覧料
 日時:9月23日(水・祝)、10月4日(日)、10月11日(日)、10月17日(土) 各日14:00~
     (※10月4日(日)、10月17日(土)は「茶の湯の美術」を中心にお話しします)
 会場:企画展示室

■掛軸の扱い方講座    ※参加無料 ※当日先着順
 掛緒の結び方や保管方法など、掛軸の扱い方について分かりやすくお話しします。
 日時:10月25日(日)14:00~(13:30開場/約1時間半)
 会場:美術館講義室
 定員:20名

■美術講座 「京の絵画と島根の絵画-堀江友聲を中心に」  ※聴講無料 ※当日先着順
 講師:大森拓土(当館主任学芸員)
 日時:11月1日(日)14:00~(13:30開場/約1時間半)
 会場:美術館講義室(40席)

■羊毛フェルトで“若冲ひよこ”作り  ※参加無料 ※当日先着順
 当館所蔵の伊藤若冲筆《鶏図》に描かれている“ひよこ”を作るワークショップ。展示中の《鶏図》のミニ解説付きです。
 日時:10月18日(日) ①10:30~  ②13:30~ (各回約60分)
 会場:美術館アートスタジオ
 定員:各回20名   ※受付は各回開始15分前より行います。

主催・協賛・後援

主催:「伊藤若冲と京の美術展」実行委員会(島根県立美術館、 TSK山陰中央テレビ、SPSしまね)、細見美術館、山陰中央新報社
後援:朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局、中国新聞社、
    新日本海新聞社、島根日日新聞社、NHK松江放送局、BSS山陰放送、日本海テレビ、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。