魔法の美術館~Art in Wonderland 光と遊ぶ超体感型ミュージアム~

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20150717日 -  20150831
開催時間
10時00分 - 18時00分
入場は閉館の 30 分前まで
入場料
有料
一般・大学生:1,300 円、中・高校生: 700 円、 3 歳~小学生 500 円、 親子ペア券 1,500 円
※親子ペア券は【一般・大学生】券と【3 歳~小学生】券それぞれ 1 枚ずつのセット料金です。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
さいたまスーパーアリーナ 048-600-3037
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
さいたまスーパーアリーナ TOIRO
住所
〒330-9111 埼玉県
さいたま市中央区新都心8番地
最寄り駅
さいたま新都心
電話番号
048-600-3037

詳細

展覧会内容

見て、触って、楽しめる、超体感型の大人気展覧会!

「魔法の美術館~Art in Wonderland 光と遊ぶ超体感型ミュージアム~」は、見て、触って、楽しめる、超体感型の展覧会です。全国を巡回し、これまでに100万人以上を動員してきた大人気展覧会が、この夏、さいたまスーパーアリーナにやってきます。大人も子どもも、とりこにしてしまう、光と影を駆使した不思議な作品たち。日本を代表するアーティスト11組による芸術の魔法が、夏休み、あなたが来るのを待っています。

「魔法の美術館」とは

「魔法の美術館」は、見て、触れて、参加する、全く新しい形の展覧会です。難解と思われがちな現代アートに対する先入観を覆し、美術ファンだけでなく、ふだん美術館に足を運ばれない方々も、子どもから大人まで、直感的に楽しんでいただける作品ばかりです。

本展は、メディアアートと呼ばれる作品を中心に構成しました。メディアアートとは、コンピューターなどを媒体として先端技術を駆使したアート表現作品のことです。さらに自然現象や光と影を活用したアナログ的作品なども含め、多彩な作品が並びます。コンピューターの普及や新しい素材の出現により、新たな手法が利用されるようになってきましたが、この展覧会には、そのような新しい時代のテクノロジーが潜んでいます。例えばインタラクティブ・アートという、作品と観客がお互いに反応し合う双方向性を持った作品が多数出展されます。両者が会話をするような感覚で成立する体感型作品のことですが、これらが私たちを不思議なアートの世界へと誘うのです。今までの美術展とは全く違ったコンセプトと体験を重視した「体感型・参加型ミュージアム」での体験を通して、大人はもちろんのこと、子どもたちにも美術館の楽しさを知っていただき、作品と遊びながらアートの感覚を養うことができます。

「魔法の美術館」は、世代を超えて同じ価値観で楽しめ、すべての人がまるで魔法にかけられたように体感できる現代アート展なのです。

□参加アーティスト(順不同):
松村誠一郎、真鍋大度/比嘉了、重田佑介、そがあやの、森脇裕之、的場やすし/山野真吾/徳井太郎、
藤本直明、坪倉輝明、岡田憲一+冷水久仁江(LENS)、緒方壽人(takram design engineering)、far east method(首藤圭介、金箱淳一)

主催・協賛・後援

主催:産経新聞社、フジテレビジョン、さいたまアリーナ、TOIRO
後援:埼玉県、さいたま市、埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会、 さいたま観光国際協会、テレビ埼玉、FM NACK5、福島テレビ
企画協力:ステップ・イースト

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。