図譜: 中尾美園 展

漂流物写生図巻(部分)/麻本著色/2015/©NAKAO MIEN
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20150714日 -  20150726
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    金曜日20:00まで・最終日18:00まで
    休み
    月曜日休廊
    この情報のお問合せ
    Gallery PARC
    Tel・Fax:075-231-0706
    Mail:info@galleryparc.com
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery PARC
    住所
    〒604-8165 京都府
    京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
    最寄り駅
    烏丸
    電話番号
    075-231-0706

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     ギャラリー・パルクでは、2015年6月30から8月9日にかけて「Gallery PARC Art Competition 2015」として3つの展覧会を連続開催いたします。
     その#02として、2015年7月14から7月26日にかけて「中尾美園:図譜」を開催いたします。

     本展は様々なクリエイション活動へのサポートの一環として、広く展覧会企画を公募し、審査により採択された3名(組)のプランを実施するコンペティション「Gallery PARC Art Competition 2015」に応募された34のプランから、平田剛志(京都国立近代美術館研究補佐員)、山本麻友美(京都芸術センタープログラムディレクター)の2名の審査員を交えた厳正な審査を経て採択された田中秀介、中尾美園、明楽和記の3名による展覧会を実施するものです。ギャラリー・パルクではこのコンペティションに2014年から取り組み、本展は昨年に続き2回目の開催となります。

     本展は、2006年に京都市立芸術大学大学院美術研究科保存修復専攻修了した中尾美園(なかお・みえん/大阪生まれ)による個展として開催されます。

     おもに日本画材を用いた絵画による作品制作・発表や2008年の「京展」や2013年の「シェル美術賞」への入選、2015年の「飛鳥アートヴィレッジ」への参加、仏画や水墨画等の制作、様々な分野の講師を招いてのイベント開催、教室の主宰など幅広い活動を続ける中尾は、2011年ごろより、日常の中に自身が拾い・見つけた「物」を丹念に描き、記録するといったアプローチによる絵を試みています。
     それは時に散歩の度に拾って帰った落ち葉であり、水路に流れてくる漂流物であり、中尾は『上流で水路に物が落ち、私がすくい上げるまでの物語を想像しながら、漂流物に向き合った足跡が画面に展開する。物に内包される世界と、物を内包している世界を行き来しながら、手で描き残す日記のような絵画である』と言います。
     丹念に写生されたひとつ一つは、私たちにとって何気ない物の目の前の姿として見ることができます。しかし、そこには確かに「それまで」が含まれ、また私たちはその時間に思いを馳せることもできるのではないでしょうか。

    主催・協賛・後援

    Gallery PARC

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。