小林麻菜展「あたしは、世界に向けて虹を吐いていたい」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20110510日 -  20110605
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
月曜日
クリエイター在廊

2011年5月10日及び基本的に日曜日は在廊しております。その他は不定期在廊のためギャラリーへお問合せください。
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
galeireH
お問合せ電話番号:03-3795-0045
email:info@galerie-h.jp
重冨秀夫
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
galerieH
住所
〒103-0024 東京都
中央区日本橋小舟町7-13 東海日本橋ハイツ2F
最寄り駅
三越前
電話番号
03-3527-2545

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

今回は、作家小林麻菜の私的制作部屋をギャラリー内に作ります。
ギャラリーを一つの部屋に見立て、小林麻菜の制作風景や制作に関わる心象風景などが写し出されるような空間を創造して小林麻菜の世界を観て頂こうと考えています。

【小林麻菜の風景】
多摩美術大学版画科で、銅版画を主に制作してきた。
細かく描く事が、じめじめしいているこの感じが好きだった。
そして、どうせ自分はそんな人間だとも思っていた。
人間嫌いで、一人でいる事を好んでいた様に思う。
特に、何か大きなキッカケがあった訳ではない。
でも、もう闇の世界は描いていて出尽くして来た様に思う。
まだまだ、世界の事も、社会の事も、アートの事も知らない事だらけだ。
一人で出来ることって、本当に微量だ。
不景気で、就職先もない、いつリストラされるか分かったもんじゃないこの時代。
金儲けの話がコロコロ転がり、騙し、騙されの世界が本当に身近にある。
そんな世界も全部ひっくるめて、吹き飛ぶくらいのどでかい花を見せてやりたいと思った。
真っ黒い世界も、大きな花で、ド派手に飾ってやりたい。
そして、いつか気付いて欲しいとも思う。
好きな事だけして、好きなだけお金が手に入って、時間もたっぷり手に入るという甘い言葉。
そんな世界の人たちに、この声は一体いつ届くのだろうか、、、
だから、おおきくおおきく末端まで届ける気持ちで、このタイトルをつけた。
色鮮やかな世界が自分も観たくて、今回企画した。
観た人の心に、大きくても小さくても何かしら花咲いて、今後も育って行ったらと思う。

関連情報

オープニングパーティ:2011年5月10日 16時~

主催・協賛・後援

galerieH

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。