レニー・メイス 遊び場展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20110405日 -  20110501
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
月曜日休廊
クリエイター在廊

2011年4月5日 以降は不定期在廊になりますので事前確認をお願いいたします。
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
問合せ電話番号:03-3795-0045
Email:info@galerie-h.jp
担当者:重冨秀夫
情報提供者/投稿者
開催場所
galerieH
住所
〒103-0024 東京都
中央区日本橋小舟町7-13 東海日本橋ハイツ2F
最寄り駅
三越前
電話番号
03-3527-2545

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ボールペンを握った”ピカソ”
世界的に活躍中のボールペンアーティスト
ボールペンを使ったレニー・メイスの作品は世界的にボールペン画の権威として知られています。
アメリカのプレスによって「ボールペン・ピカソ」と呼ばれるレニー・メイスの創造力溢れる作品と多彩な個性は、世界のファンやコレクターを引きつけてやみません。
【Profile】
1965年 NYマンハッタンに生れる。1歳でボールペンを握り、自分の名前よりも先に絵を描き始めていた。以来、専門的な美術教育を受けることなく独学で数々の賞を受賞。1970年代からは「MEDIAGRAFFITI」シリーズ。1980年代からは全米でMTV、NewYorkTimes、Pilotなどの広告を手がけている。1994年東京でアーティストとして「再生」、東京とNYを行き来する活動が始まる。作品は世界的コレクターのJヘンソン一家をはじめ多くの人々に愛されており、世界的にも類を見ないボールペンアーティストとして有名
【Contents】
「遊び場」をテーマにした新作全20作品を展覧
小さな木工オブジェから大作平面作品まで「遊び場」を提案するギャラリースペースを構築

”よく働き、よく遊べ”
 今回の展覧会タイトルは『遊び場』だが、わたしは単に子供が遊ぶ公園のようなものをイメージしているわけではない。わたしの作品について、遊び心があると言われることがよくあるが、今一度その「遊び」について考えてみると、それは大人であるわたしたちにも必要不可欠なのもだとわかる。
 この現代社会において、単調な毎日や仕事でのストレスによって枯渇させられる楽しみや若い元気を取り戻すために、
「レクリエーション」が求められる。それは生きていくための原動力となる。その際、呼吸をするように、また食事をするように、仕事と遊びのバランスを保つこともとても大事であって、働きすぎても、また遊びすぎてもうまくいかない。
そういう意味では、「仕事」と「遊び」は切っても切り離せない、陰陽のようなものだといえる。
 わたしはよく働きますし、そうすると同じだけよく遊びを求めてしまいます。そうやってバランスを保っています。
退屈?そんな言葉はわたしには関係のないものです。考えることや、表現することへの好奇心は尽きることはありませんからね。
私にとっては白い紙一枚が「遊び場」だし、想像することそのものが「遊び」なんです。その「遊び」が「働く」原動力となり、そのサイクルはずっと廻ってゆくんです。
理由はさておき、今回展示されている作品は「私の心の遊び場」そのものです。
レニー・メイス

関連情報

2011年4月5日16時よりオープニングパーティをいたします。

主催・協賛・後援

galerieH

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。