戦後70年特別企画展 戦争と平和 - 伝えたかった日本

『LIFE』1937年1月11日号 [表紙写真:名取洋之助]個人蔵
openstatus
タグ
  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20150718日 -  20160131
開催時間
10時00分 - 18時00分
[9~10月]10:00-17:00、[11~1月]10:00-16:30 ※入館は閉館の30分前まで
休み
水(祝日の場合は翌日休み)、年末年始、12/24は開館
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
IZU PHOTO MUSEUM 055-989-8780
情報提供者/投稿者
開催場所
IZU PHOTO MUSEUM
住所
〒411-0931 静岡県
長泉町東野クレマチスの丘347-1
最寄り駅
三島
電話番号
055-989-8780

詳細

展覧会内容

戦後70年を迎える2015年、IZU PHOTO MUSEUMでは戦中・戦後の〈報道写真〉をテーマにした展覧会を開催します。ドイツのルポルタージュ・フォト(Reportage Foto)を移入して始まった日本の〈報道写真〉は、モダニズムの先端として発展し、日本文化を海外に紹介するために用いられましたが、戦争の激化にともないプロパガンダに変容し、占領期・冷戦期の情報戦にも一定の役割を果たしてきました。本店では名取洋之助・木村伊兵衛・土門拳・山端庸介・小柳次一・菊池俊吉・林重男ら日本の〈報道写真〉の担い手たちの仕事を中心に、国内外の雑誌や写真壁画、密着帖など1930年代から50年代にかけての貴重な資料をご紹介いたします。〈報道写真〉の戦前から戦後への連続性や国策との関わりをテーマに戦後70年特別企画として開催いたします。

関連イベント

[トークイベント] 〈報道写真〉の亡霊
 7月26日(日)14:30-16:30 
 クレマチスの丘ホールにて
 北島敬三(写真家)かける白山眞理(日本カメラ博物館運営委員)×土山陽子(パリ社会科学高等研究院博士課程)×
 松本徳彦(写真家)×小原真史(当館研究員)[五十音順]
 定員150名、無料、申し込み先着順
 当日有効の観覧券が必要です。
 お電話にてお申し込みください 055-989-8780

[ギャラリートーク] 毎月第3土曜日の14:15より約30分間
 無料、申し込み不要。
 当日有効の観覧券が必要です。美術館受付カウンターの前にお集まりください

主催・協賛・後援

主催:IZU PHOTO MUSEUM・一般財団法人日本カメラ財団
キュレーター:小原真史(IZU PHOTO MUSEUM)・白山眞理(日本カメラ博物館運営委員)
協力:高島屋資料館、東京大空襲・戦災資料センター、公益社団法人日本写真家協会、特殊東海製紙Pam、
    広島平和記念資料館、広島県立文書館
photographers gallery、平和記念展示資料館、田子はるみ、松本徳彦、山端祥吾ほか

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。