笠井麻衣子 「Place no one knows」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20110226日 -  20110326
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
日火祝休
この情報のお問合せ
YUKA CONTEMPORARY
info@yukacontemp.com / 03-5272-2476
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Yuka Tsuruno Gallery
住所
〒140-0002 東京都
品川区東品川1-33-10-3F
最寄り駅
天王洲アイル
電話番号
03-5781-2525

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

笠井麻衣子は1983年愛知県生まれ。2007年金沢美術工芸大学美術科油画専攻卒業、2009年金沢美術工芸大学大学院終了。学部在学中より個展、グ ループ展などで作品を発表し、2008年には若手作家の登竜門といわれる「シェル美術賞2008」で準グランプリを受賞しました。その後も続いて、「アー ツ・ チャレンジ2010 新進アーティストの発見inあいち」入選、「アトリエシリーズ第7回西脇市サムホール大賞受賞作家展 vol.2」優秀賞など公募展での入賞が続いています。YUKA CONTEMPORARYでは2010年8月に2週間の個展「Fundamental Training」を開催し好評を得、その際の出展作品が、本展の初日でもある2011年2月26日から開催される「第30回損保ジャパン美術財団選抜奨励展」(損保ジャパン東郷青児美術館、東京)の推薦作品として展示される運びとなりました。

笠井は、日常ですれ違った誰もいない空間、もしくはさっきまで誰かが居たような気配がある場所を見た時に得たイメージを基に制作することが多いといいます。その様々な場所とは、例えば他人宅の庭、誰も居ない部屋、客はいるのに殆どが空いている遊園地のメリーゴーランドなど、日々の生活のシーンに見られる余白のある部分を目にすることが起点となります。「私自身が練り上げた物語と仮構性を絵画に込めたい」という笠井は、これらきっかけとなる風景を設定に置いて生まれるモチーフに、実際のシチュエーションからは考えられにくい脚色されたストーリーを組み込むことにより、イメージそのものを変換することで、それらが本質的に持っているドラマティックさとその物語上での生きる(生活する)ための訓練の必要度、社会的に制御された側面を表現しようと試みます。

笠井作品の特徴である、大胆にもキャンバスの余白をそのまま生かした背景・コンポジションと流れるような筆致で表現された躍動感のある画面は、殆ど一度塗りしか施さずに、一瞬のストロークと筆致を活かし必要最低限の作業量によって仕上げられます。現実世界で見た風景を、時間をかけてストーリー性を重視した絵画にもっていくことで眼前にある風景と断絶された世界が、短期間で作られた筆致の表象によって、作家と鑑賞者の間で再び断絶されることを作家は望み、鑑賞者による自由な創造を提案します。

前回の個展では、「アー ツ・ チャレンジ2010 新進アーティストの発見inあいち」での入選作品を中心とした展示でしたが、今回は本展のために描かれた新作を10点ほど展示いたします。ぜひご期待ください。

関連イベント

オープニングレセプション:2011年2月26日(土)18:00-20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。