消えた山、現れた石

《gone the mountain》2014 pigment print ©Moriya Yuki
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20150414日 -  20150426
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    金曜日20:00まで・最終日18:00まで
    休み
    月曜日休廊
    この情報のお問合せ
    Gallery PARC
    Tel・Fax:075-231-0706
    Mail:info@galleryparc.com
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery PARC
    住所
    〒604-8165 京都府
    京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
    最寄り駅
    烏丸
    電話番号
    075-231-0706

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     ギャラリー・パルクでは、4月14日[火]から4月26日[日]まで、守屋友樹による個展「gone the mountain / turn up the stone:消えた山、現れた石」展を開催いたします。

     2006年に日本大学藝術学部写真学科古典技法コースを卒業、2012年に京都造形芸術大学大学院を修了した守屋友樹(もりや・ゆうき/1987年・東京生まれ)は、写真をおもな表現媒体として、2014年の「KUAD Graduates Under 30 Selected」(京都造形芸術大学 ギャルリオーブ / 京都)、2015年の「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD#4_NEW VISION#1(入選)」(G/P Gallery / 東京)などのグループ展に出品を重ねるなど、これまでに精力的な活動を続けています。

     その作品はおもに「写真の解体・反復・分岐」をコンセプトに、記録と記憶の関係によって起こる認識の差異を顕在化させるかのように構成され、引用・嘘・韻を踏む・編集(切り貼り)といった要素を含むイメージの世界を現出させています。そして守屋はそれらを媒介(境界)として、目の前の図像への認識をズラし、時に写真そのものをイメージ(図像・記憶・記録)から物質へとその認識を揺さぶります。

     遠くから眺めるカタチを持った△。近づいて目の前に広がる壁のような△。分け入って雑木林に埋もれた空間としての△。コンパスと地図によって見下ろす鳥瞰図としての△。そこでは目に見える様々な有り様によって△のイメージは常に(再)解体され、そして、常に(再)構築されているといえます。

     本展は、山にまつわる守屋の個人的体験に端を発して着想されたもので、写真を鑑賞者における認識のズレや反復を顕在化させることを目論みます。

    関連イベント

    本展は2012年より3回目の開催を迎える、同時期に京都市内各所で開催されている「KYOTOGRAPHIE 2015」( http://www.kyotographie.jp )のサテライトイベント「KG+2015」の参加展覧会です。

    主催・協賛・後援

    【主  催】===================
     ギャラリー・パルク

    【特別協賛】===================
     株式会社グランマーブル

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。