「形状記憶」田村 一(陶芸)× Task Q(絵画) 二人展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20150321日 -  20150329
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
木曜
クリエイター在廊
この情報のお問合せ
白白庵
TEL&FAX. 03-3402-3021
info@pakupakuan.jp
情報提供者/投稿者
開催場所
白白庵
住所
〒107-0062 東京都
港区南青山二丁目17-14
最寄り駅
外苑前
電話番号
03-3402-3021

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

2011年以降、東北・秋田のとりわけ雪深い僻地とも言える山の中に戻り制作する田村一にとって、生まれた頃から今に至るまでその環境は外界との距離を感じずにはいられないものであったが、それ故に彼は他者と繋がる・関わる事に対して(都市生活者よりもおそらく何倍も)強い衝動と欲求を持っていたとしても決して不思議では無い。「辺境地展」と題して自らの生地・秋田で各地の陶芸作家を交えて出展及びキュレーションをも行なう彼は、今やこの年代において確固たる地位を築いた存在である。
他方、「Task Q」と言う一風変わったアーティストネームを持つ飯田桂子は、田村とは対照的に現代の都市生活の中で様々な物事に触れ、ストレスにも晒され、多くの人がそうであるように絶対的な多数の中で自己の存在への問い、他者と言う存在との関わり方を模索してきた。まさに絵画面に現れている様に、茫洋として途方に暮れそうになりながらも、微かな体温を保って人間であることを訴えんとする姿は、多くの現代人が共感を持つことを拒絶しない。

海洋生物をはじめプリミティブな造形美に影響を受けつつ、独自進化の道を辿る田村一のうつわやオブジェ。
シンプルな描写法で印象的な構図による世界の奥行きを感じさせ、さらに新作では原初的とも言える筆致を見せるTask Q。
両者の見せるフォルムは、実は私達の世界のあらゆる存在がそうであるように、ひと時も同じでは無いものたちへの愛惜の念の表れであり、その形によって大切な何かを定着・保存させたいと言う気持ちの産物なのだろう。
言葉を越えた何かを記憶させるかたち。
形状記憶とは、そこから名付けたタイトルである。

関連イベント

『 春 分 茶 会 (しゅんぶんちゃかい) 』 (茶人・小堀芙由子)
今展覧会のハイライトとして、「形状記憶」のしつらえの下、田村一のうつわを用いて茶会を開催。
ちょうど昼と夜が同じ配分となる春分の頃に開催することにより、Task Qの示すシンメトリー(対称性・相似性)に思いを寄せる。
日頃お茶に親しまれていない方にも安心の、カジュアルなテーブル式の茶会です。お誘い合わせの上で気軽にお集り下さい。
当日は両出展作家が在廊致します。

● 開催  3/21(土) 13時 / 15時 / 17時
○ 料金  2,160円(込)
各回定員6名、 所要時間60分程度。
お問い合わせ info@pakupakuan.jp (担当:石橋)

小堀芙由子 (小堀遠州流)
6歳より父である小堀遠州流第16代家元小堀宗圓に茶の湯の教えを受ける。伝統的な茶事を行う傍ら、茶の湯インスタレーション、呈茶会、音楽や舞踏とのコラボレーション、現代アート展会場での茶会、海外での公演など幅広く活動。新しく真っ当で美しい茶の湯のあり方を日々探っている。
http://fuyukokobori.com

主催・協賛・後援

企画・しつらえ: 石橋圭吾(白白庵)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。