中沢研展

縦 2015 Painted wood, steel
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20150203日 -  20150425
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    休み
    日・月・祝
    入場料
    無料
    この情報のお問合せ
    アンドーギャラリー
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ANDO GALLERY
    住所
    〒135-0023 東京都
    江東区平野3-3-6
    最寄り駅
    清澄白河
    電話番号
    03-5620-2165

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    中沢研は1970年東京都生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻を修了。主な展覧会に「MOTアニュアル1999 ひそやかなラディカリズム」(東京都現代美術館)、「横浜トリエンナーレ2001」(パシフィコ横浜)などがあります。針金やテグスなど視覚的ヴォリュームが希薄な素材を用い、展示空間に呼応したインスタレーションを制作する作家として国内外で高い評価を得ています。
    2年ぶりの発表となる本展では、新作インスタレーションを展示いたします。空間には、白くペイントされた高さ2.5mの木の棒が26本ランダムに立ち並んでいます。壁と壁を繋ぐように張られた5列の細い鉄に木の上部を接合し作品全体を構成しています。この木の棒は、一見普通の白い木に見えますが、実は仔細に手を加えられています。木を繋ぎ合わせ、下地のセメントを塗り、白くペイントし、部分的にサンドペーパーをかけるなど一本一本表面の質を整えることによって、木は僅かに歪んだ表情を宿しています。前作は、オブジェが地面に対して水平に増殖していくイメージでしたが、今回は縦のラインを強調したものとなっています。本作のイメージの源となったのは、天(神)と地(人間)を結ぶシンボルとしての聖なる柱、天に向かって垂直に伸びる柱であったと中沢は言っています。しかし完成した作品はそのような意図から離れ、鑑賞者は空間を自由に歩くことができます。移動によって風景は移ろい、佇む木の光や影を、その余韻を、空間の質の変容を経験することができるのです。今後の活躍がますます期待される中沢の新作をどうぞご高覧ください。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。