大亦 みゆき 陶の絵 展

DM作品面
タグ
  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20150207日 -  20150215
開催時間
11時00分 - 19時00分
2/8(日)、2/11(水祝)、2/15(日)は17:00まで
休み
会期中無休
クリエイター在廊

2/7(土) ・8(日)・10(火)・15(日)
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
tel:06-631-5380
e-mail: info@yart-gallery.co.jp
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ワイアートギャラリー
住所
〒530-0027 大阪府
大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1F
最寄り駅
梅田
電話番号
06-6311-5380

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 大亦(おおまた)みゆきさんの陶作品には2つの特徴があります。ひとつは自分の体験
をとおして感動したものを丹念にスケッチを行い、それをユニークな陶の立体造形として
創造していること。
 もうひとつは永年の釉薬の研究により300種類以上の色から選びぬかれた色土や釉薬で、
絵画を描くがごとく表現できること。
(色土とは…土に顔料を混ぜて作る液状の粘土。色化粧土ともいう)

 このたびは、白樺の木で籠をつくる職人さんが村のバザールで見つけた北極星に近い島の
絵本のお話を陶器の花器や小箱、陶板に描いて作品にしている。
 主人公が絵本の旅で出会った雪景色、森に輝く樹氷や冬の海に浮かぶカラフルな船たち、
市場で交わされる暖かい人々の会話などを澄み切った空気とともに、こころに灯りをともす
情景を陶作品に仕上げました。
 土と釉薬と焼成の技術から生まれる暖かみのある風合いは、他の陶作品には見られない
独創的な魅力にあふれています。

 作家略歴 
 1965年 兵庫県神戸市生まれ
 1989年 京都市立芸術大学工芸科染織専攻卒業
 1999年 舞洲陶芸館研修生 吉田喜久一先生に師事。
 2000年 第18回朝日現代クラフト展入選
 2001年 ひより工房開窯
 2003年 第37回女流陶芸展(京都)入選
 2005年 第39回女流陶芸展(京都)
  NHK京都放送局賞受賞
 2003年 第37回女流陶芸展(京都)入選
 2007年 セルヴィスギャラリー個展
 2008年 ワイアートギャラリーにて個展(09、10年も)
 2009年 大丸神戸展アートギャラリーにて個展
 2010年 松屋銀座にて個展
 2011年~2014年 ワイアートギャラリーにて個展
グループ展などを多数開催

  現在 ひより工房にて「釉薬研究会」主宰
     大阪市立クラフトパーク陶芸工房非常勤講師

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。