フジイ フランソワ 展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20150112日 -  20150124
開催時間
11時00分 - 19時00分
土曜日17:00まで
休み
日曜日
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
オーギャラリーアイズ [電話]06-6316-7703 [Eメール]oeyes@osk4.3web.ne.jp
情報提供者/投稿者
開催場所
Oギャラリーeyes
住所
〒530-0047 大阪府
大阪市北区西天満4-10-18 石之ビル3階
最寄り駅
淀屋橋駅
電話番号
06-6316-7703

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

【Artist Statement】
私の故郷は山と海に囲まれた小さな田舎で、子供の頃はバライチゴやアケビをとって食べたり、花にとまった蜜蜂の羽を摘まんで捕まえてみたりと、素朴な自然に触れて暮らしていました。
幼稚園への道すがらには竹藪があって、その藪に沿って何本も何本も椿が生えていました。近所のおばあちゃんが「椿の蜜も美味しいんだよ」と、手が届かない園児の私に代わって枝から花をとり、半分に割って中の蜜をなめさせてくれました。ほんのりした甘さを味わいながらふと藪に向かって地面を見ると、累々たる赤い模様。頭から落ちた無数の椿の花が美しくも恐ろしく、これ以上藪の中へ踏みいってはいけないような、何か気配がするような、遠慮をせねばという気がしました。
この感覚は私だけではない、大昔から日本には、九十九神とか百鬼夜行とか、見えないものも異界のものも、念も気配も、意識し尊重してきた民族性があります。「お天道様が見ている」とは、人として成長するスペシャルキーワード。「ものを大事に」の「もの」は「物」か「者」か…、その答えは人それぞれの中にある。そしてその感覚が重なってそれぞれの人生の姿となっていく。
あの竹藪の椿も毎年毎年咲いては花を落とし、思い出も気配も念も甘い蜜も、混ざって累々と赤く重なり、九十九神になって存在してゆく。その「神」は心や人生の権現でもあります。その姿を捉え、肖像画の如く描き写したいと思いました。日本のアニミズムを繋いでいくために。

【Artist Biography】
1962 静岡県生まれ

・個展
1993 「かつて そこに 必ず いた人」ハートフィールドギャラリー(愛知)
1994 「景」ギャラリーハウスマヤ(東京)
1995 「景 ここにあなたのいる不思ギ」ハートフィールドギャラリー(愛知) 
1996 「景」ピガ原宿画廊(東京)
1997 「景 うつつ むかし はなし」ギャラリーハウスマヤ(東京)
1998 「景 いつかめぐり会いましょう」ハートフィールドギャラリー(愛知)    
2002 水戸芸術館現代美術センター(茨城) 
2004 ギャラリー二葉(東京)
HALC+蔵(愛知)
2006 Oギャラリーeyes(大阪)
2008 Oギャラリーeyes(大阪)
「綯交-remix」豊田市美術館(愛知)
2009 「コトホギス」(新宿高島屋・東京、JR名古屋高島屋・愛知、大阪高島屋・大阪)
2011 Oギャラリーeyes(大阪)
2012 日本橋高島屋(東京)、JR名古屋高島屋(愛知)
2013 Oギャラリーeyes(大阪)
L Gallery(愛知)

・グループ展
1995 街はいまアートで溢れる(一宮市内・愛知)
1998 第11回名古屋コンテンポラリーアートフェア(名古屋市民ギャラリー・愛知)
2000 VOCA展2000(上野の森美術館・東京)
2003 粟国久直 フジイフランソワ 与那覇大智 展(ギャラリー ラ・フェニーチェ・大阪)
2004 花鳥風月の遺伝子(ギャラリー ラ・フェニーチェ・大阪)
2005 SKYLINE -アレゴリーの輪郭-(Oギャラリーeyes・大阪)
2007 Absolute basis 冨倉崇嗣とフジイ フランソワの場合(Oギャラリーeyes・大阪)
キューブ・レトロスぺクティブ(+gallery・愛知)
日本画滅亡論(中京大学アートギャラリー C・スクエア・愛知)
きのあうところ(長久手たいようの杜古民家・愛知)
SHIMOTSUKI(ギャラリー余白・愛知)
2008 第4回東山魁夷記念「日経日本画大賞展」(ニューオータニ美術館・東京)
2012 The 13th Anniversary Pre Exhibition「KICKS」(Oギャラリーeyes・大阪)
百華祭「タカシマヤのばら アートセッション」(日本橋高島屋・東京、他)
BOTANICAL EXHIBITION (L Gallery・愛知)
伊藤若冲インスパイア作品展(明治神宮外苑「TOKYO DESIGNERS WEEK 2012」中央会場・東京)
2013 寺田コレクション展(東京オペラシティアートギャラリー・東京)
密度ある時間-わたしの一点(織部亭・愛知)
~24名の作家による~ 今日の墨表現展(佐藤美術館・東京)
日本の「妖怪」を追え!(横須賀美術館・神奈川)
2014 高島屋幻想博物館(高島屋各店・東京、大阪、京都、横浜、名古屋)
豊田市デカスプロジェクト足助ゴエンナーレ(寿ゞ家・愛知)
寺田コレクション(茨城県天心記念五浦美術館・茨城)

・受賞
1998 準朝日広告賞 
2000 VOCA展2000 奨励賞
2008 日経日本画大賞展入賞

・パブリックコレクション
第一生命
豊田市立美術館

主催・協賛・後援

主催:有限会社オーギャラリー
企画:Oギャラリーeyes(O Gallery co.,ltd.)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。