もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20’s paris

ウジェーヌ・カリエール 《カリエール夫人》 1883年 油彩/キャンヴァス	45×34cm  個人蔵 photo © Yves Le Sidaner
タグ
  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20150905日 -  20151108
開催時間
10時00分 - 18時00分
金曜日は20時00分まで。入館は閉館30分前まで
休み
※月。ただし9月21日、10月12日は開館
入場料
有料
一般 1200(1000)円、 大学・高校生800(650)円、 シルバー<65歳以上>1000円、 中学生以下無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
この情報のお問合せ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
情報提供者/投稿者
開催場所
SOMPO美術館
住所
〒160-8338  東京都
新宿区西新宿1-26-1
最寄り駅
新宿
電話番号
03-5777-8600(ハローダイヤル)

詳細

展覧会内容

20世紀幕開けの巴里にようこそ

本展覧会は、印象主義や新印象主義といった前世紀のスタイルを受け継ぎながら、親しみやすく甘美な 作品を描いたカリエール、アマン=ジャン、ル・シダネルら、20世紀初頭のパリで活躍した芸術家たちの 作品をご紹介する展覧会です。 彼らはフォーヴィスムやキュビスム等の前衛的な芸術運動に加わらなかったため、モダニズムを主体と する美術史の視点からあまり取り上げられることがありませんでした。しかし見たままに描きながらも 自然や事物に潜む詩情を表現した彼らの作品は、商業的にも批評的にも成功を得、20世紀初頭における フランス美術界の一端を担いました。また、これら芸術家の作品が大原美術館や国立西洋美術館の母体 となった大原コレクション、松方コレクションに含まれていることから、日本近代美術史の背景を知る上で、 彼らが非常に興味深い存在であるということができます。 本展覧会では、こうした芸術家たちが所属していた「画家彫刻家新協会」(※)のメンバーから、約20名の 作家による作品約80点を展示し、20世紀幕開けのパリへ皆様をご案内いたします。

※画家彫刻家新協会[ソシエテ・ヌーヴェル](La Société Nouvelle des Peintres et Sculpteurs):
  若い芸術家たちの作品を発表する目的で結成されたグループ。おもにサロン出身の芸術家たちで構成され、1900年から1922年まで、パリのジョ ルジュ・プティ画廊で毎春展覧会を開催しました。会員の多くが万国博覧会で賞を獲得するなど、20世紀初頭におけるフランス美術界の一端を 担いました。

主催・協賛・後援

主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、朝日新聞社
協賛:損保ジャパン日本興亜
協力:日本航空
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 
企画協力:ブレーントラスト

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。