特別展 茶の湯釜の美 -京釜の系譜を辿る-

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20141101日 -  20141214
開催時間
10時00分 - 16時30分
入館は16時00分まで
休み
月(ただし、11月3日は開館、11月4日は休館、11月23日は開館、11月24日は休館)
入場料
有料
一般800円/学生500円/中学生以下無料
※()内 20名様以上の団体の方
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
情報提供者/投稿者
開催場所
泉屋博古館分館
住所
〒106-0032 東京都
港区六本木1-5-1
最寄り駅
六本木一丁目
電話番号
03-5777-8600(ハローダイヤル)

詳細

展覧会内容

「初釜」「釜開き」「釜を懸ける」など、茶事を象徴する言葉に多く用いられる釜は、茶の湯の世界において「席中の主」と称されます。茶の湯の世界において、江戸時代以降茶人の好みを反映した茶釜制作の中心的役割を果たしたのが京のみやこでした。
この度の展覧会では、400年の歴史をもつ大西家をはじめとして、名越家、西村家など、先人達の扶を受け継ぎ優品を生み出した江戸から近代に至る京釜の系譜をたどり、初公開を含む約50点の作品でその魅力と見どころをご紹介します。また、茶の湯釜の名品「芦屋釜」のふるさと、福岡系芦屋釜の里のご協力のもと、匠の技の美の世界に迫ります。
 また、住友コレクションの基礎を築いた住友家15代当主住友吉左衛門友鈍(号・春翠)の茶会に用いられた御道具をご紹介します。明治・犬正朔に政財界で同好の士と茶の湯を楽しむ人々が多く草出し、住友春翠もその一人として知られます。稀代の数寄者の一人とされる住友春翠が、どの様な人々と茶を楽しみ、どの様な道具を用いて茶会を催したのでしょうか。住友春草が蒐集、愛玩し、茶会にて披露した作品を併せてご紹介します。

関連イベント

■特別企画 野ロ哲哉×茶の釜
 野ロ哲哉氏制作の「茶の湯甘の美」展オリジナルキャラクターとともに、「400年の侘と錆をめぐる旅をお楽しみください。

■プレイベント 松風コンサート 
 10月10日(金)14時半開場、15時~16時 入場料:500円(本展招待券付)
 定員60名(当日先着順、立ち見席有)
 アークヒルズ音楽週間2014企画。若手演奉家・田嶋謙一氏による尺八コンサート。
 展示室は閉室しておりますが、ホールにてお茶道具と秋にちなむ屏風を展示いたします。

■スペシャルギャラリートーク
 室町時代に一世を風靡した茶の湯釜の名器、芦屋釜。その復興に取り組む「芦屋釜の里」の方から釜の魅力と匠の技を紹介して頂きます。
 11月8日(土)15時~16時、11月9日(日)13時~14時、15時~16時(予定)
 講師:新郷英弘(芦屋釜の里学芸員)、樋口陽介(芦屋釜の里鋳物師)、八木孝弘(芦屋釜の里鋳物師)

■プレミアムギャラリートーク 12月17日(日)15時~15時45分
 武者小路千家 家元後嗣 千宗屋氏によるプレミアムギャラリートーク
 茶道三千家のひとつ武者小路千家の千宗屋氏に、日本文化の象徴ともいえる茶の湯の魅力についてお話頂く特別なひとときをお楽しみください。

■茶処学び舎(ちやどころまなびや)~一服の茶を楽しみながら学ぶ釜のい・ろ・は
 講師:根来琢三(釜師・遠州流職方向栄会常任理事)
 プロデュース:saku la saku
 11月22日(土)、24日(月・祝)13時~15時30分 30分毎に問催(各回30分)
 参加料:500円(当日受付にて申込)、各回定員10名。

■学芸員によるギャラリートーク
 11月15日(土)、12月6日(土)15時~16時 テーマ「住友春翠と茶の湯」

主催・協賛・後援

主催:公益財団法人 泉屋溥古館、毎日新聞社

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。