髙田 幸平 個展 「奪われて絵画になる」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20141007日 -  20141019
開催時間
12時00分 - 19時00分
オープニングパーティー 10月7日17時~20時
休み
水曜木曜
クリエイター在廊

10月7日 10月19日
入場料
無料
作品の販売有無
販売有 11,000円 ~ 65,000円(税別)
この情報のお問合せ
MITSUIART
mitsuiart.com
info@mitsuiart.com
090-483-3877
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Space2*3
住所
〒103-0023 東京都
中央区日本橋本町1-7-9 西村ビル1F
最寄り駅
三越前
電話番号
090-4836-3877

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

Mitsuiartでは、三越前space2*3において10月7日(火)より10月19日(日)まで、高田幸平個展「奪われて絵画になる」を開催致します。
2013年 東北芸術工科大学大学院を修了した髙田幸平は
一貫して絵具という物質の側面と色を示すという側面の境界を探るように制作を続けてきました。
今回の個展では、より作家と鑑賞者との相互性に着目しています。
作家は制作に於いて、鑑賞者は鑑賞するという時間がそれぞれに「奪われる」ことになります。
双方の一瞬が積み重なることで初めて作品は成立するのではないかという思考のもとに制作しています。
初日は作家も出席してのオープニングパーティーも開催致します。
皆さまの御来場ご高覧お待ちしております。

高田幸平ステートメント
価値が成立する瞬間、というのが気になっています。
たぶん、今までのテーマも変わらないところにあるのですが、
今回行き着いた仮説が「奪われた瞬間」でした。
それはたとえば、
私と画面が対峙している時間にも生じるであろうし、
鑑賞された人の時間にも関与することかもしれません。
作品には、ストーリー性も、思考性もありません。
空間に確実に存在するのは、それらが私から何かを奪っていったことで生じた価値。
今回の展示で、鑑賞する方々にもその瞬間が発生することがあるならば、
そこで初めて絵画という価値が成立するのではないでしょうか。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。