東欧アニメ をめぐる旅 ポーランド・チェコ・クロアチア

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140927日 -  20150112
開催時間
9時30分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月 (ただし10月13日、11月3日、11月24日、1月12日は開館)、12月29日(月)~1月3日(土)
入場料
有料
一般1,000円(900円)20歳未満・学生850円(750円)、65歳以上500円、高校生100円
※( )内は20名以上の団体料金です。中学生以下、および障害者手帳をお持ちの方は無料です。
※ファミリー・コミュニケーションの日:毎月第1日曜日(今回は10月5日、11月2日、12月7日、1月4日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は優待料金(65歳以上の方をのぞく)でご観覧いただけます。その他の割引につきましてはお問合せください。
※無料開館日:11月3日(月・祝)「文化の日」は、神奈川県立近代美術館で開催中の3つの展覧会を無料でご観覧だけます。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
神奈川県立近代美術館 葉山 046-875-2800
情報提供者/投稿者
開催場所
神奈川県立近代美術館 葉山
住所
〒240-0111 神奈川県
三浦郡葉山町一色2208-1
最寄り駅
逗子、逗子・葉山
電話番号
046-875-2800

詳細

展覧会内容

ようこそ 東欧アニメの世界へ

2度のアカデミー賞を獲得したアニメーション・スタジオ「セ・マ・フォル」の拠点、ポーランドの工業都市ウッチ。イジー・トゥルンカなど、人形アニメーションの伝統を誇るチェコの首都プラハと、カレル・ゼマンやヘルミーナ・ティールロヴァーが活躍した東部の都市ズリーン(旧ゴットヴァルドフ)。第二次世界大戦後に新聞漫画家や画家が集まってアニメーションを作り始めたクロアチアの首都ザグレブ。これら東欧の3カ国をとり上げ、それぞれの個性と伝統あるアニメーションを紹介するとともに、現代のアニメーション作品も展示します。

ポーランド共和国 Republic of Poland
セ・マ・フォルは、ポーランド中央部、かつて繊維工業の中心地として知られ、今なお石畳とレンガの街並を残すウッチに1947年に設立されたヨーロッパで最も歴史のあるアニメーション・スタジオのひとつです。人形によるストップモーション・アニメーション制作を得意とし、これまでに850本を超える作品を生み出しました。ズビグニュー・リプチンスキー(1949-)監督の『タンゴ』(1980年)とスージー・テンプルトン(1967-)監督の『ピーターと狼』(2008年)により、アカデミー賞短編アニメーション部門で2度の栄冠を得ています。近年は、自主企画のみならず欧米や日本を含む海外のアニメーションの制作にも活動の幅を広げています。
その他、マレク・スクロベツキ(1951-)監督の『ダニー・ボーイ』(2010年)、クシシュトフ・ブショゾフスキ(1956-)などが監督した子ども向けアニメーション『フラッパーと友達』(2013年)などの現代作品を通して、ポーランドの誇る人形アニメーションの豊かな表現を紹介します。

チェコ共和国 Czech Republic
チェコのアニメーション草創期に広告アニメーションから実験的なアニメーションまで幅広く製作したカレル・ドダル(1900-1986)。かつてドダルの創作と私生活のパートナーであり、後に、ズリーン(旧ゴットヴァルドフ)で『アリのフェルダ』(1942年)など人形アニメーションを撮ったヘルミーナ・ティールロヴァー(1900-1993)。焼失したティールロヴァーの作品をヒントにズリーンで『クリスマスの夢』(1945年)を撮り、後に『悪魔の発明』(1958年)などコマ撮りと実写を組み合わせたSF長編映画で一世を風靡したカレル・ゼマン(1911-1989)。戦前から挿絵や人形劇で活躍し、戦後まもなくアトリエ・フィルム・トリクでアニメーション映画を手掛け、『チェコの四季』(1947年)を始めとする人形アニメーションで国際的に高く評価されたイジー・トゥルンカ(1912-1969)。シュルレアリスムの表現としてのクレイ・アニメーションによって独自の世界観を築いたヤン・シュヴァンクマイエル(1934- )。
チェコのアニメーションに国際的な高い評価を与えてきた、これらの魅力的な個性に加えて、現代チェコを代表するアニメーション作家、ミハエラ・パヴラートヴァー(1961- )の『レペテ(反復)』(1995年)を紹介します。

クロアチア共和国 Republic of Croatia
1956年にアニメーション・スタジオを設立したザグレブ・フィルム。そのグラフィック表現が特徴的な作品群から、アカデミー賞短編アニメーション部門で海外作品として初めて受賞したデュシャン・ヴコティチ(1927-1998)監督の『エアザッツ(代用品)』(1961年)、ボリス・コラール(1933-)監督のシンプルに描かれた犬と猫の親子が可愛らしい『ワン・ワン』(1964年)と戦争の影に怯えて軍拡に進む国家を風刺した『ブーメラン』(1962年)、ズラトコ・ボウレク(1929-)監督がイタリアと合作した『猫』(1971年)、ネデリコ・ドラギッチ(1936-)監督の『トン・トン』(1972年)、ヴラディミル・ユトリシャ(1923-1984)とアレクサンドル・マルクス(1922-2002)の共同監督による『悪夢』(1976年)、クレシミル・ズィモニッチ(1956-)監督の『蝶々』(1988年)などを紹介します。
とりわけ、『ブーメラン』のストーリーボード約190点とセル画約50点は、この展覧会のための日本側の調査で、ザグレブ・フィルムの倉庫から文字通り発掘されたものです。

関連イベント

■オープニング記念講演会
 日時:9月27日(土)午後1時30分~2時30分
 会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
 講師:パウリナ・グラ(セ・マ・フォル プロジェクト・マネージャー) 
 申込不要、無料

■記念シンポジウム「東欧アニメをめぐる旅」
 日時:2015年1月12日(月・祝)午後2時~4時
 会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
 トーク「東欧アニメへの誘い」水沢勉(当館館長)
 パネラー:ヴィトルト・ギェルシュ(アニメーション作家)、越村勲(東京造形大学教授)、柴田勢津子(株式会社イデッフ)
 司会:籾山昌夫(当館主任学芸員)
 申込不要、無料

■東欧アニメーション上映会
 詳細は神奈川県立近代美術館 葉山のホームページをご覧ください。

■県立機関活用講座「アニメの楽しさ・豊かさ」(全5回)
 詳細は神奈川県立近代美術館 葉山のホームページをご覧ください。

■学芸員によるギャラリートーク
 日時:10月13日(月・祝)、11月22日(土)、12月21日(日)
 各日午後2時~2時30分
 申込不要、無料(ただし「東欧アニメをめぐる旅」展の当日観覧券が必要です。)

*日程および講演者等は変更となる場合があります。

主催・協賛・後援

主催:神奈川県立近代美術館
協力:ポーランド映画製作者協会、ポーランド・アニメーション・プロデューサー協会、セ・マ・フォル、チェコ国立映画アーカイブ
    バランドフ映画撮影所、カレル・ゼマン・ミュージアム、ザグレブ・フィルム
後援:駐日ポーランド共和国大使館、ポーランド広報文化センター、駐日チェコ共和国大使館、チェコセンター、
    駐日クロアチア共和国大使館
企画協力:株式会社イデッフ
助成:公益財団法人ポーラ美術振興財団

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。