光嶋裕介新作展―幻想都市風景

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140903日 -  20140920
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
会期中無休
クリエイター在廊

9/5
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
ときの忘れもの
Tel:03-3470-2631
E-mail:info@tokinowasuremono.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ときの忘れもの
住所
〒113-0021 東京都
文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
最寄り駅
駒込
電話番号
03-6902-9530

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ときの忘れものでは、2年前の銅版画展に続き、幻想都市風景を描き続ける光嶋裕介の2回目となる作品展を開催します。
意欲的に活動の場を広げる建築家・光嶋裕介は、ベルリンで設計事務所に勤務した後、帰国し、2008年東京に光嶋裕介建築設計事務所を設立。
2011年に処女作となる内田樹さん(思想家、武道家)の自宅兼合気道道場「凱風館」を設計し、SD Review 2011に 入選するなど、華々しいデビューを飾りました。
その後、東京・青山に「レッドブル・ジャパン・オフィス」の内装設計なども完成させました。
著書では、『幻想都市風景~建築家・光嶋裕介ドローイング集~』(羽鳥書店、2012年)、『みんなの家。~建築家1年生の初仕事~』(アルテスパブリッシング、2012年)、『建築武者修行~放課後のベルリン』(イースト・プレス、2013年)、『死ぬまでに見たい世界の名建築なんでもベスト10』(エクスナレッジ、2014年)が次々と刊行され、現在では『信濃毎日新聞』「内田樹連載コラム/凱風館通信」に挿絵を描いたり、『芸術新潮』にアンビルド・ドローイングを取り上げる「幻の建築~Unbuilt Dreams~」の連載をしたり、NHK WORLDにて日本を代表する建築家を世界に紹介する英語のテレビ番組「J-Architect」のMCを務めています。
また、7月12日から森アーツセンターギャラリーにて開催される特別展「ガウディ×井上雄彦―シンクロする創造の源泉」の展覧会公式ナビゲーターに選ばれるなど、多方面のメディアで今最も注目を集めている若手建築家です。
本展では、ドローイングや昨年制作を始めたシルクスクリーン、和紙での新たな試みをご覧いただきます。

関連イベント

●イベントのご案内
9月5日(金)18時より光嶋裕介さんとファッションデザイナーの山縣良和さんのギャラリートーク『ファッションと建築』を開催します。
※定員に達したため、受付は終了しました。

同日19時よりレセプションを開催します。どなたでも参加できますので、お待ちしております。

■光嶋裕介 Yusuke KOSHIMA(1979-)
建築家、一級建築士。1979年米国ニュージャージー州生。87年に日本に帰国。以降、カナダ(トロント)、イギリス(マンチェスター)、東京で育ち、最終的に早稲田大学大学院修士課程建築学を2004年に卒業。同年にザウアブルッフ・ハットン・アーキテクツ(ベルリン)に就職。2008年にドイツより帰国し、光嶋裕介建築設計事務所を主宰。2010年に桑沢デザイン研究所、2011年に日本大学短期大学部にて非常勤講師に就任。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。