姫路市役所ロビー 第2回展示

新井完「海辺」1905~10年
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20140707日 -  20141003
    開催時間
    8時35分 - 17時20分
    休み
    土・日・祝
    この情報のお問合せ
    姫路市立美術館 電話079-222-2288
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    姫路市役所ロビー
    住所
    〒670-8501 兵庫県
    姫路市安田四丁目1番地
    最寄り駅
    姫路
    電話番号
    079-221-2111 (庁内番号案内)

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     4月7日より、姫路市役所ロビー内に設置された展示ケースを利用して、平成26年度は姫路市立美術館の館蔵品から姫路に生まれた画家の作品を選び、4回に分けて展示いたします。出品作家は飯田勇、新井完、尾田龍、小野勉の4人の洋画家です。郷土ゆかりの優れた美術作品を、市役所を訪れた多くの市民のみなさまにぜひ楽しんでいただきたいと思います。

    第2回:7月7日(月)~10月3日(金)新井完 
    「海辺」 1905~10年 油彩・布 24.5×33.5㎝
    「フォントネ風景」  1921年  油彩・布 24.4×33.3㎝
    「あじさい娘」    1960年  油彩・布 60.7×50.4㎝

    新井完 ARAI Tamotsu 1885(明治18)~1964(昭和39)
    姫路市五軒邸に生まれる。明治38年旧制姫路中学を卒業後、叔父を頼って上京、東京美術学校西洋画科に入学する。卒業後大正8年と11年の帝展で特選を受け、またその間大正9年から11年にかけて欧州各地に留学した。帰国後は帝展の審査員もつとめたが昭和11年の帝展改組に反対して親友の金山平三とともに不出品を表明し、以後中央画壇には一切出品しなかった。昭和20年から6年間、京都市立美術専門学校で教鞭をとる。戦前は印象派風の絵を抑えた調子で描いたが、戦後は落ち着いた趣のある作品を多く残した。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。