いろ・うごき・かたち アートをめぐる夏の冒険

岡崎和郎《P.M.ボール》  2004年 撮影:山本糾  神奈川県立近代美術館蔵
タグ
  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20140712日 -  20140915
開催時間
9時30分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月(7月21日、9月15日は開館)
入場料
有料
一般800円(700円)、20歳未満・学生650円(550円)、65歳以上400円
※( )内は20名以上の団体料金です。 ※本展は高校生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料です。 その他の割引につきましてはお問合せください。 ※ファミリー・コミュニケーションの日: 毎月第1日曜日(今回は8月3日、9月7日)は、18歳未満のお子様 連れのご家族は優待料金(65歳以上の方を除く)でご観覧いただけます。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
神奈川県立近代美術館 葉山
情報提供者/投稿者
開催場所
神奈川県立近代美術館 葉山
住所
〒240-0111 神奈川県
三浦郡葉山町一色2208-1
最寄り駅
逗子、逗子・葉山
電話番号
046-875-2800

詳細

展覧会内容

マティス、カンデンスキー、ピカソから現代作家まで
国内外のアーティスト40名による約100点をコレクションから紹介

一色海岸に面して、展示室からも海の見える葉山館。この展覧会は、海と空、緑にかこまれ、光に包まれた葉山の美術館で「いろ」「うごき」「かたち」をキーワードに、美術の魅力を探るものです。
色鮮やかなマティスの版画集『ジャズ』(前後期で全点展示)が並ぶ展示室では、ピカソの陶器やカンディンスキーの版画が私たちを出迎えてくれます。続いて日本の戦後の美術を代表する鶴岡政男(つるおか まさお)、村井正誠(むらい まさなり)、渡辺豊重(わたなべ とよしげ)といった画家の特色ある「いろ」や「かたち」でつくられた作品が並びます。次の部屋では、多田美波 (ただ みなみ)の動く彫刻やマチウの「うごき」のある抽象画が、見るものを圧倒します。さらに、芸術の冒険を試みた現代作家の刺激的な作品が並び、海の見える部屋では、西雅秋(にし まさあき)の舟をフロッタージュした作品や、河口龍夫(かわぐち たつお)の鉛に包まれた樹木の作品が私たちに創造の秘密を問いかけてきます。
  この夏は、子どもたちもご家族も、そして、日ごろ現代美術が気になりながら見すごしてきた方もみんな、「いろ」や「かたち」「うごき」でつくられた魅力あふれる作品たちにかこまれて、思い思いに葉山の美術館で楽しんでください。さあ、アートをめぐる夏の冒険の始まりです。

関連イベント

●うごきで探るワークショップ
講師:島地保武さん(ダンサー・振付家)
7月26日(土)午後2時~4時
要申込(定員15名、小学5年生以上)

▲パフォーマンス「He is turning into me」
出演:島地保武さん(ダンサー・振付家)
7月27日(日)午後3時~

●いろとかたちで探るワークショップ
講師:常田泰由さん(美術家)
8月10日(日)午前10時~午後4時
要申込(定員20名)

●うたで探る ワークショップ
うたいて
講師:高瀬“makoring“麻里子さん(歌手)
8月24日(日)午後2時~4時 要申込

▲アーティスト・トーク
ゲスト:河口龍夫さん(美術家)
9月14日(日)午後2時~

●中高生のための鑑賞ワークショップ
8月1日(金)午前10時~12時30分
対象:中学生と高校生 要申込(定員15名)

●親子のための鑑賞ワークショップ「あさっての美術館」
8月3日(日)午前10時~12時
対象:18歳以下のお子様と保護者の方 要申込(定員30名)

■学芸員によるギャラリートーク
9月13日(土)午後2時~3時

■親子でギャラリーツアー(お子様連れの方歓迎!)
7月31日(木)、8月19日(火) 各日午前11時~12時

●わくわくゆったりセットをプレゼント
7月19日(土)~8月31日(日)に葉山館、あるいは鎌倉館にご来館の18歳以下の方にもれなく、スペシャルグッズや
ミュージアムショップの割引券が入った「わくわくゆったりセット」をさしあげます。

※参加はすべて無料ですが、当日の観覧券が必要です。詳細や申込方法等については当館ホームページをご覧ください。

主催・協賛・後援

主催:神奈川県立近代美術館

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。