CAST -CASTにおける工芸的要素とは-

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140801日 -  20140818
開催時間
10時00分 - 19時00分
最終日は17:00まで
休み
火曜定休
クリエイター在廊

未定
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
s_matsukichi@me.com 担当松平
情報提供者/投稿者
開催場所
KOGEI まつきち
住所
〒920-0854 石川県
金沢市安江町12-28
最寄り駅
金沢
電話番号
076-254-5416

詳細

展覧会内容

「CAST」とは、「鋳物」「割当てる」「放つ」「配役」などを表す英単語である。

CAST(鋳物)の歴史をたどると、紀元前にまで遡ることとなる。
最古の鋳物は銅によって作られた武器・神具と考えられており、鋳物の
製造方法は金属製品を中心に現代まで発展してきた。
また、ガラスの鋳物も紀元前にエジプトで製造され始めている。
陶磁器の世界では、衛生陶器として19 世紀中期にイギリスで開発、その後
アメリカで技術が確立され、日本には幕末に入って来たと言われており、
現在、鋳物は主に工業製品として広く社会に出回っている。

工芸とは、長年に亘り受け継がれてきた技術や技が用いられたものであり、
その中でも伝統技法を用いて制作されたものが伝統工芸品と言われている。
つまりCAST で制作された作品はある意味伝統工芸品と言えるのではないだろうか。
さもすると、作家の手の届かない領域で生みだされる作品があたかも芸術性を持った
工芸作品の様に捉えられがちであるが、はたして今の作家がCAST の技法で
制作した作品も工芸に分類されるのであろうか?

今回の企画展では、各作家それぞれの制作プロセスの位置付けを紐解くことにより、
現在のCAST における工芸的要素を今一度考えたい。

関連イベント

オープニング・トークイベント 8月01日 19:00~
クロージング・トークイベント 8月17日 18:00~

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。