高橋良展 「border」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20110108日 -  20110130
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
終日の展示は18:00までとさせて頂きます。
月曜定休。
クリエイター在廊
この情報のお問合せ
neutron tokyo
03-3402-3021
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
neutron tokyo
住所
〒107-0062 東京都
港区南青山2丁目17-14
最寄り駅
外苑前
電話番号
03-3402-3021

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

鳥獣画から山紫水明・裸婦画まで幅広く手がける水墨の鬼才が、ハンガリーで得た西洋の哲学的死生観を熟成し、
再び墨のフィールドで展開するのは洋の東西を折衷して実現する生と死の美しさ溢れる世界。
新たなる生命の誕生を予感させる大作をはじめ、新作では自身の心境や環境の変化を積極的に反映させている。
得意の金泥(きんでい)や色彩を今回はあまり使わず、墨と胡粉で描かれるモノクロームの深遠なる光景。

誰にでも、踏み越えては欲しく無い領域がある。だがそれ故に踏み込んでしまう領域もまた、事実存在する。
 人は自分の安全が保証されていなければ、生きて行くにあたって不安に苛まされ、積極的に一歩を踏み出す
ことは出来ないものだ。だからといって他人の安全を脅かすことは法律やシステムによって禁止されているとは
いえ、時にやむを得ず、また時には悪と知ってなお侵してしまうのが性(さが)であろう。とかく、人は物理的にも
精神的にも、陣地取りに力を注ぐ生き物である。
 だが一方で、私達人間を取り巻く環境、それは自然であり大宇宙であるのだが、それらは例えどれほど人間が
あがいてみせようとも、時に圧倒的な力の差を発揮し、結果人間を途方に暮れさせもする。人と人の間の領域こそ
パワーバランスが互角に働いても、やはりどうしようも無い壁は私達の身の回りに、大きくそびえ立っている。
その圧力を現代人は建造物の影に隠れて感じずに生きようとも試みるのだが、さりとて天変地異による大災害に
でも見舞われれば、途端にその堅牢な石垣が砂上の楼閣であったことを知る。それでもなお、人間は生きている
証を見せんがため、必死の努力で自然の領域を侵すことを止めようとしない。それはまるで、人間という生き物が
侵略という行為で自己を表現し、他者を制圧することで満足を得てきた歴史の証明のように。-そして
テクノロジーの発達した現代、侵すべき領地が地球儀の中に見出せなくなりつつある中、今や主戦場は仮想
空間であるインターネット上のパラレル・ワールドに存在する。ここでは神経戦・心理戦・実弾攻撃や
テロリズムまで戦いのあらゆる手段が実行され、素知らぬ顔して暮らす地上の人々の生活を静かに脅かす-。
 高橋良は水墨画を志して以後、自身の内に秘めた死生観を基に、墨の技法との相性の良い幻想的な光景を
先人達に追随して描いて来た。猛獣や美女、地獄と楽園が入れ替わり登場する図式は決して珍しいものでは
なかったが、ふとしたきっかけで一年間あまり遊学したハンガリーの地で、彼はその後の制作に大きく影響する
感覚を掴む。一般的に水墨画は日本や中国を始めとする仏教文化の流れを汲むものとして、東洋の美術の
代表的なスタイルであるとされるのだが、彼はそこに自分が共感した西洋の哲学や画面構成、土着の素材
(ハンガリー製紙)までを持ち込み、それまでの水墨画スタイルを一気に転換して見せた。
 だがその変化は、単に東洋から西洋へのスタイルの転換というレベルのものではなく、もっと作家の思想の深い
ところで結実し、化学反応を起こした上でのものである。彼の本来描こうとするものが何なのか、日本の中で
日本的なモチーフや技法に執着して描いていた時には見えなかった物事が、やがて彼の画面に湧き出る様に
現れることになったのは、彼自身が異なる文化・風土に触れたことによって、自分の表現に必要な要素を客観的に
気付くことが出来たからに他ならない。その結果、画面には東洋とも西洋ともつかぬ普遍的なモチーフとしての
人体や景色、動物をはじめとする生命が活き活きと描かれるようになり、金泥(きんでい)によって塗り込められた
画面はヨーロッパ古来の宗教画の荘厳さと、日本美術の金箔の表現を併せ持つ感覚を提示し、墨を基本と
しながらも自在に縦横にスクロールする作品展開は圧倒的な成長を見せた。象徴的なのが2009 年1月に
neutron kyoto で発表した巨大な作品「森 -forest-」(2,520×6,430mm / ハンガリー製紙に墨、膠、岩絵具、水干絵具、
胡粉、顔料、カリヤス)と、続く2010 年にneutron tokyo で発表した水中世界の連作「cosmic」(1,800×14,100mm
/ 和紙に墨、金泥、木製パネル)である。いずれも日本画や水墨画の常軌を逸した、かといって西洋画のものでもない、
不思議だが安息感に満ちた思考のパノラマを実現した。
 その彼が守るべきものが、この新春の個展であきらかになろうとしている。上述の通り、侵略と暴力に脅かされ
続ける私達の生活の中で、普遍的に守るべき対象となるのは、愛する家族であり、それが住む家であり、概念上の
故郷である。新作では殊更に新しい生命の予感や家の存在が提示されることになるが、それもまた画家の内外
から成長を促す大きな要因であろう。そして自分の愛するものを知るとき、初めて他者にとっての愛するものの
存在を知るのだとすれば、彼が掲げる境界線としての「border」は、私達人間の間に常に存在し続ける、
乗り越えるべからぬ壁と言えよう。
gallery neutron代表 石橋圭吾

関連イベント

初日[ 1/8(土)]の午後6時から8時過ぎまで、会場にて作家を交えてのオープニングパーティーを開催致します。
入場無料ですのでぜひふるってお集り下さい。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。