Banknotes RYO OWADA PHOTO EXHIBITION

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140603日 -  20140628
開催時間
11時00分 - 18時00分
火曜日~金曜日 11:00~18:00
土曜日 12:00~18:30
休み
日曜日、月曜日
クリエイター在廊

6月28日(土)17時~アーティストトーク&クロージングレセプションにて在廊
入場料
無料
無料
この情報のお問合せ
gallery@paper-intelligence.com
052-228-7587
PIギャラリー 早乙女眞紀子
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
PIギャラリー
住所
〒456-0022 愛知県
名古屋市熱田区横田2-2-9
最寄り駅
熱田
電話番号
052-228-7587

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

PIギャラリーより、注目の若手写真家、大和田良の個展「Banknotes」の開催をご案内申し上げます。
本展では世界中の旧紙幣の表裏を透かせて撮影したシリーズ「Banknotes」より作品を抜粋し展示、販売します。
もともと紙幣として存在していた社会的印刷物を、グラフィックという視点にフォーカスをあてながら、その背景にある文化や
歴史を物語る写真へと形を変えた作品をお楽しみ下さい。

STORY
ある骨董店でガーナの紙幣を見つけたのがこのシリーズのはじまりだった。
遠い外国の古い紙幣は、観察してみると完成度の高いグラフィックを感じさせた。
表と裏とを見た後、透かしを確認しようと光にかざす。
そこには透かしだけでなく、様々な線が折り重なった複雑で新たな図像が浮かび上がった。

僕はその日手に入れたいくつかの紙幣をより細部まで観察するために高解像度のカメラを用いて撮影した。そこには肉眼で
確認することが難しい緻密な線が詰められていた。全体と細部とを交互に見るうち、そこには様々な風景が浮かび上がるようになった。それぞれの国の文化や歴史、風土、人、それらが紙幣というひとつの印刷技術の極みに集約されている。

限りなく細く、小さな点と線で描かれたグラフィックを眺めることには飽きることがない。それと同時にそこに描かれた図像からはその国ごとの違いを感じ取ることができる。
情熱、希望、訓戒、歴史、風土といったそれぞれの表す情報。幾何学的な文様。紙の質感。文字の機能性。それらが一体と
なった一枚の紙幣に光を透かし、観察する。

被写体としての紙幣は、写真の持つ記録性を十分に発揮するものだった。その記録が続く中でまとめられたのがこの「Banknotes」シリーズである。
―大和田 良

関連イベント

【アーティストトーク&クロージングレセプションのお知らせ】
6月28日(土)17時~ 参加費1000円(ドリンク含)
定員30名程度を予定しております。
当日参加可
ご予約は下記アドレスまで
gallery@paper-intelligence.com

主催・協賛・後援

協力 株式会社モデルノ

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。