AmerWrecka/アメリカ

01.jpg
openstatus
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20140521日 -  20140601
    開催時間
    15時00分 - 20時00分
    土曜、日曜は13:00〜20:00
    休み
    5/27(火)は休廊
    クリエイター在廊
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    pulp.space.gallery@gmail.com
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Pulp
    住所
    〒541-0057 大阪府
    大阪市中央区北久宝寺町2-5-15 B1
    最寄り駅
    堺筋本町
    電話番号
    090-7767-3926

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    Eadweard R. York 個展 「AmerWrecka/アメリカ」

    2014/5/21(wed) - 6/1(sun) ※close on 5/27(tue)
    mon-fri 15:00-20:00
    sat-sun 13:00-20:00

    at Pulp

    今年3月に京都・FOIL GALLERYにて開催されたエドワード・r・ヨーク写真展「AmerWrecka/アメリカ」がPulpへ巡回いたします。
    エドワードは過去にMike Ness(Social Distortion)、John Lee Hooker、GG Allin、Allen Ginsbergなど多くのミュージシャンやアーティストのポートレイト、またアメリカのストリートを撮ってきました。
    アンダーグラウンド・シーンで活躍す るエドワード・r・ヨークの日本初写真展になります。
    この機会に是非ご高覧ください。

    「堕落した社会においては、伝達しようとするアーティストも堕落せざるを得ない」
    ヴィクター・ミシアーノ

    ヨゼフ・ボイスは「誰もがアーティストだ」と言ったが、これは馬鹿げ たステイトメントだ。誰もがアーティストだったり、写真家だったり、職人だったりするわけではない。真のアーティストなんて世の中に数えるほどしかいな い。アーティストになるべく生まれついた者だけがアーティストになる。その意味で自分はアーティストになるべくして生まれた。カメラというのは、堕落し きった世界でコミュニケーションをとるためにひとつの道具にすぎない。

    今回の写真は、1982年から現在まで撮り続けてきた “AmerWrecka/アメリカ”というシリーズに、“Walk-By”というシリーズから何枚かを加えたものである。作品は私のレンズを通して、人生 と今まで見てきたものを歴史的な視点から記録している。パンクロックムーブメントの中で育った私は、自身を取り巻く環境の産物でもあった。自然と私は周囲 を記録する視点で見るようになったが、それは大恐慌時代にドロシア・ラングやウォーカー・エヴァンズといった平凡な写真家によって描かれたような視点では なかった。私は古い建物、都市、人々の表情にある退廃や破壊を捉えることに偉大な美を見出すため、自身の作品をネガティブには捉えていない。
    現実を商業向けに描き直して世間に売りつけることしか頭にないハリウッドメディアがノンストップで垂れ流すような、アメリカンライフのポジティブなイメー ジを描き出すことには興味がない。都心部、ホームレス、通りすぎていくもの、何か私の目を惹きつける出来事― 対象に関わらず、私が興味を持つのは、ストリート写真家としての視点から見える歴史の真実だけである。

    エドワード・r・ヨーク

    ※「AmerWrecka」という言葉は「America」と「Wreckage」(大破・破壊)という二つの単語からなる造語です。

    Eadweard R. York photo exhibition “AmerWrecka”, held at FOIL GALLERY in March this year, will travel to the gallery Pulp.
    Eadweard has been taking portraits of famous musicians and artists such as John Lee Hooker, Henry Rollins (Black Flag), Mike Ness (Social Distortion), Laurie Anderson, Smashing Pumpkins, and Allen Ginsberg to name a few.
    We are proud to present Eadweard’s first exhibition held in Japan featuring street photography taken through his unique eyes.

    ”In a society of degenerates the artist who wants to communicate has to become degenerate too”
    - Viktor Misiano

    Joseph Beuys stated that, “everyone is an artist.” I believe this statement is foolish. Everyone is not an artist or a photographer, or a craftsman. There are only a handful of true artist in this world. You are born an artist. I was born an artist, and the camera is just one tool that I use to communicate in a world full of degenerates.

    The photographs from this series titled “Amerwrecka” also include my “Walk-By” series, which were taken from 1982 to present. They are a historical perspective of America through my lens, a documentation of my life and what I have seen. Having grown up in the punk rock movement, I was a product of my environment. I was naturally inclined to look to document it in a way that wasn’t being portrayed by ordinary photographers at the time, just as Dorothea Lange, and Walker Evans had done during the Great Depression. I don’t look at my photographs in a negative way, as I find great beauty in photographing the decay and destruction of old houses, buildings, cities, people, and faces.

    I’m not interested in portraying the positive image of American life that is broadcast non-stop by the Hollywood media machine, whose only real interest is to sell the world a commercial depiction of reality. I’m only interested in portraying the truth in history from the perspective of a street photographer; whether I’m shooting the inner city, the homeless, a walk-by or anything that happens to catch my eye.

    Eadweard r. York

    *AmerWrecka is a coined word by combining “America” and “Wreckage”.

    Cosponsored:FOIL GALLERY (http://www.foiltokyo.com/gallery/galleryindex.html) , Pulp
    Flyer Design:真壁昂士 Makabe Takashi

    主催・協賛・後援

    共催:Pulp , FOIL GALLERY (http://www.foiltokyo.com/gallery/galleryindex.html)

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。