湯浅 圭太 「青空の内臓を水平線へ引き摺り降ろした私たちの脳の裏側の赤く塗られた幽霊の声に関わる」

06_yuasa.jpg
openstatus
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20140628日 -  20140706
    開催時間
    13時00分 - 19時00分
    休み
    会期中無休
    クリエイター在廊

    全日在廊予定
    入場料
    無料
    この情報のお問合せ
    mail.kaido@gmail.com
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ギャラリー街道
    住所
    〒164-0001 東京都
    中野区中野5-14-5 ハウスポートB1F
    最寄り駅
    中野駅
    電話番号
    -

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    私ともう1人背が高くて少しモテそうな感じの男と、もう1人こちらも背が高くて身体に厚みがある女は歩道を横にではなく縦に並んで歩いていた。先頭に背が高い女が歩き、その次が私で、後ろにモテそうな男だった。後ろの男は歩きながら、どうにかしてこの歩く順番をひっくり返してやろうと考えていたのは男は自分が一番後ろを歩くことには耐えられなかったからだった。女は3年前に別れたここにはいない別の男のことを考えながら歩いていたが、一番後ろの男が歩く順番をひっくり返そうと企んでいることは承知の上で、その三年前に別れた男は女の部屋で食べ終えたばかりのカップラーメンのゴミを捨てようと居間からキッチンへ移動しようとして左足の小指をソファーの脚にぶつけて飛び上がり飛び上がりつつもキッチンに向かおうとしたせいでさらに居間とキッチンの間の天井から下に下がっている梁みたいなものに頭を強くぶつけて悶絶しソファーに倒れこんでいた。
    「おい、ちょっと今すれ違った女見た?すげーいい匂いした。Dカップ」
    と後ろの男はエロい感じの話を始めた。私は立ち止まって振り返ってそのエロい感じの女を見ようとしたが私の視界には既にその女はいなかった。私が振り返っている隙に後ろの男は前の男に変わっていたが、どうやらさっきまで後ろだった男は歩く順番をひっくり返すにはまず私との順番を入れ替え、次に女との順番を入れ替えて先頭に立つ、という作戦を採用したらしい。
    「おい、ちょっと今すれ違った女見た?すげーいい匂いした。Fカップ」
    と私は言わなかった。さっきまで後ろで今は前の男は立ち止まって後ろを振り返り、エロい感じの女の後ろ姿を視界に捉えた。というのは都合が良すぎるからやはりそうではなかったが、私は再び二人の間の位置に返り咲こうとしていた。女は無関心を装いつつも、今は男の今の女の部屋で男と抱き合いながら放屁した。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。