福田澄子展「VULVUL Vol.12 ころっ」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20120702日 -  20120708
開催時間
12時00分 - 20時00分
日曜のみ11:00-15:00
入場料
無料
この情報のお問合せ
Oギャラリー
TEL 03-3567-7772
情報提供者/投稿者
開催場所
OギャラリーUP・S
住所
〒104-0061 東京都
中央区銀座1-4-9 第一田村ビル3F
最寄り駅
銀座
電話番号
03-3567-7772

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

[作品について]
インスタレーション 土と布を使います。
ドローイング    土を使って描きます。

[展示について]
だれでも だれでもの 
足元の不思議に気づくとき
心はゆるみ 呼吸は深くなる
            
奥能登に暮らして21年が経ちます。雑木山と田んぼと畑を歩く日々です。
いい空気と美味しい水美味しい食べ物そしていい人。何が不足か?
気づくとなにやら形やら色やらを表している。
自然の営みを見ていると、毎年の事なのに今ようやく感じられることがあります。
今展示のインスタレーションは、ひとつの私の気づきです。深い雪の冬松や楓は沢山の種子を降らす。
この時期はとても厳しいけれど雑菌や天敵は少ない。雪面の種子たちはその重さと色で沈んで行く。
さらに雪は降る、あるいは溶けて種子は沈むほどに地面に近づく。着地することは、
芽吹きに近づくこと。沈み行くときの深まりは生への道程。             
自由からも自由に道を選んで行く。
四大元素、地水火風。古事記には様々な神々が登場して世界を産して行く。
つくるのではなくて産す(むす・苔むすように)。地も水も火も風も、
長い長い時を経て育まれてきた。はじめから大地に草が生えていた訳ではなくて、、、、水も、火も、風も、、、、、
作品には土を主に使います。土、藁を3年以上寝かせています。時に山砂を混ぜて。土壁のような作り方です。
深まることとは?
                                               福田澄子

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。