“Wittgenstein” by Marie Passa photography exhibition

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140604日 -  20140726
開催時間
11時00分 - 19時00分
土 11:00~18:00
休み
日、祝
この情報のお問合せ
EMON PHOTO GALLERY
情報提供者/投稿者
開催場所
EMON PHOTO GALLERY
住所
〒106-0047 東京都
港区南麻布5-11-12 togoBldg, togo Bldg. B1
最寄り駅
広尾
電話番号
03-5793-5437

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度EMON PHOTO GALLERYでは、Sage ParisギャラリーとキュレーターCaroline Trauschの協力のもと、6月4日よりフランス人女性アーティストMarie Passaマリー・パッサの日本およびアジアで初となる個展『Wittgenstein』を開催致します。
1979年生まれのMarie Passaは、建築家として10年間世界的に有名なJean-Michel Wilmotte設計事務所で働き、2006年から本格的に写真表現に絞って活動を始めました。
2006年から2009年までの間に世界中を旅して独自の写真表現を追求し、作品を発表し始めた2010にはロンドンのTristan Hoare GalleryとパリのBouygues Telecom本社にて個展をするに至っています。

彼女にとっては、建築物そのものだけでなく、色が重要な要素となっていて、2010年から2012年には、オーストリアの哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインによる「色彩について」に着想を得た147点のカラーシリーズを制作しました。
アジアやアメリカでル・コルビュジエやルイス・バラガンの建築物を撮影しながら、Passaは音符のように色と戯れ、まるで万華鏡のようにカラフルな作品を制作しました。それらは、空間を詳細に切り取りながらも、私たちを日常から連れ出す壮大な避難所のようでもあります。鑑賞者を建物の内部へと静かに誘いながら、同時に大胆な色使いによって驚きの感情を与えます。彼女の作品は、説明的になるのを避け、写真と絵画、または現実と抽象の境界への挑戦でもあるのです。

2013年、彗星のように現れ、ニューヨークのAIPAD、バーゼルのART BASEL、またパリのPARIS PHOTOにて紹介されると高い評価を受け、2013年末には、Sage Parisギャラリーにてグループ展YELLOWに、他アーティストChristo, Cy Trombly,Arshile Gorky,Marcel Duchampとともに参加しています。

Passaの作品は、テート美術館、ルイ・ヴィトン財団、カタール財団、Bouyguesテレコム、Guy Savoy、Jean-Michel Milmotte等、名だたる施設にプライベート・パブリックともにコレクションされています。

作家の建築との縁は、2014年プリツカー賞を受賞した建築家、坂茂により設計されたTogo Bldgにある、エモン・フォトギャラリーでの今回の初個展というかたちで、さらに強いものとなるでしょう。

関連イベント

オープニングレセプションパーティー
2014年6月4日(水) 18:00-20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。