光のシークエンス:大洲 大作

光のシークエンス ― 北陸本線 (C)Daisaku Oozu
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20140422日 -  20140504
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    *金曜日20:00まで・最終日18:00まで
    休み
    月曜日
    この情報のお問合せ
    Tel・Fax:075-231-0706
    Mail:info@galleryparc.com
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery PARC
    住所
    〒602-8242 京都府
    〒602-8242 京都府京都市上京区皀莢町287  堀川新文化ビルヂング 2階
    最寄り駅
    京都市バス「堀川中立売」
    電話番号
    075-334-5085

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     ギャラリー・パルクでは、2014年4月22日[火]から5月4日[日]まで、大洲大作による個展「 光のシークエンス 」を開催いたします。
     本展は2013年に幕開けし、今年で2回目の開催となる国際写真フェスティバル「KYOTOGRAPHIE」のサテライト展である「KG+(ケージープラス)」への参加展覧会です。また、Gallery PARCでは同期間あわせ、3つの写真展を連続開催いたしますが、本展はその第二弾となる展覧会です。

     大洲大作(おおず・だいさく/1973年・大阪府生まれ)は、1994-95年まで大阪国際写真センター(現、IMI 写真表現大学)にて写真を学ぶとともに、1997年に龍谷大学文学部哲学科を卒業。以後、京都・大阪・ベルリンでの発表を経て、2012-13年には東京ステーションギャラリー 再開館記念企画「始発電車を待ちながら」展へと出展するなど、着実に活躍の場を広げています。

     代表作である一連の『光のシークエンス』は、そのすべてが列車やバスの内からガラス窓越しに外に向けられた眼差しによるもので、車窓というフレーミングの中に通り過ぎる風景を「連続する光の有り様」として、見慣れた、あるいは初めて訪れた旅先の風景は光に還元され、そこに目に見えない「光景」を浮かび上がらせています。また、その光はストロークや滲みを持った線・面となって、そこに絵画的な抽象性をも見せるものであり、この点から大洲はファインダーによるフレーミングによってプリント上に光景を「描き出している」とも言えるのではないでしょうか。
     流れる(スクロールする)風景からカットアップされた美しくも幻想的な「一瞬(1コマ)」の光景は、「写真」としての本質的な特性を最大限に活用したものであり、写真ならではの表現として見ることができます。しかし、それらが集積・展開される本作において、それぞれの作品は「断片」としてゆるやかな繋がりを見せはじめ、そこに光(時間)の連なりといった事象のみならず、日常や旅情の中にある茫漠とした「物語」をも鑑賞者に起想させるものとなります。

     ひとつひとつのコマは鑑賞者の記憶や想像を含みながら、再び連なり、スクロールをはじめます。そして、いつしかそこにもうひとつの「目に見えない光景」をも描きはじめるのではないでしょうか。本展では新旧15点のプリントをはじめ、『光のシークエンス』を検証/再評価しつつ、さらに深めるための実験的な試みも合わせて展示いたします。

    関連イベント

     本展はKYOTOGRAPHIE international photography festival - satellite eve nt 2014 [KG+]への参加展覧会です。
     詳細は下記ウェブサイトをご確認ください。
     [KYOTOGRAPHIE]http://www.kyotographie.jp/ 
     [KG+]http://www.kyotographie.jp/kgplus/

    主催・協賛・後援

    ギャラリー・パルク

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。