没後五〇年 松林桂月展 -水墨を極め、画中に詠う

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20140413日 -  20140608
開催時間
10時00分 - 18時00分
入館は17時30分まで
休み
月曜日
但し、5 月5 日・6 日は開館、5 月7 日が休館。
入場料
有料
一般500 円、大学・高校生および65~74 歳300 円、
中学生以下および75 歳以上無料(その他各種割引制度あり)
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
練馬区立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
練馬区立美術館
住所
〒176-0021 東京都
練馬区貫井1-36-16
最寄り駅
中村橋
電話番号
03-3577-1821

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

日本画家、松林桂月(まつばやしけいげつ/1876~1963)は明治・大正・昭和の3つの時代を生き、数々の名作を残した近代を代表する日本画家です。山口・萩に生まれた桂月は、幼い頃から絵を好み、東京に出て文人画家・渡辺崋山の孫弟子にあたる野口幽谷に師事し、精緻で格調高い表現を学びました。また、親しんでいた漢詩の教養を活かして、詩・書・画の三絶の境地を目指す文人画―南画を描いたことも特筆されます。桂月は、南画の真髄ともいうべき水墨画においては他の画家の追随を許さず、その独特の叙情的な作風は高く評価され、1958 年には文化勲章を受章しています。
 本年は、桂月が世を去ってから50 年という節目の年に当たります。この半世紀の間に開催された大規模な展覧会は、桂月の没後間もなく門人たちによって開催された遺作展と、1983 年に山口県立美術館で開催された「松林桂月―その墨と色彩の妙―」展のみで、近年にはその芸術を通覧できる機会はほとんどありませんでした。そのため、桂月の名も、画も、一部の美術愛好家だけが知るところとなりつつあることが惜しまれます。
 本展は、30 年ぶりとなる回顧展として、初公開を含む大作、名品で、詩書画の全てに優れた才能を示し、近代にあって水墨画の表現を極めた、桂月の豊かな芸術世界を紹介するものです。

関連イベント

■[ギャラリー・トーク]
 「ゲストによるスペシャルトーク、松林桂月へのまなざし」
 ナビゲーター:野地耕一郎(泉屋博古館学芸課長)
  ① 5月25日(日) 浅見貴子(画家)② 5月31日(土) 加藤良造(画家)
  *各日午後3時から展示室内で行います。
  当日の展覧会チケットが必要です。

■[記念講演会]
 「最後の南画家―松林桂月の人と芸術」
 村田隆志(大阪国際大学専任講師)
 [日時] 5 月10 日(土)午後3 時より
 [会場] 美術館1 階・視聴覚室
 *応募抽選により中学生以上の70名様限定です。参加には展覧会チケット(当日以外の半券でも可)が必要です。
 *申し込み方法=往復ハガキまたはEメールにて「5 月10 日 記念講演会」と明記し、参加者全員の住所・氏名(ふりがな)
  ・年齢・電話番号を記入してご応募下さい。一通につき2 名様まで申込可(連名で記入)
   宛先:〒176-0021練馬区貫井1-36-16 練馬区立美術館
   E-mail:museum@city.nerima.tokyo.jp 〆切は4 月19 日(必着)

■[読み語り]:貫井図書館共同主催
 「銀河万丈(声優)による読み語り」
 [日時] 5月24日(土) 午後3時より
 [演題]浅田次郎作「江戸残念考」他
 [会場] 美術館1階・視聴覚室
 *応募抽選により中学生以上の70名様限定です。参加には展覧会チケット(当日以外の半券でも可)が必要です。
 *申し込み方法=往復ハガキまたはEメールにて「5 月24 日 読み語り」と明記し、参加者全員の住所・氏名(ふりがな)・
  年齢・電話番号を記入してご応募下さい。一通につき2 名様まで申込可(連名で記入)
  宛先:〒176-0021練馬区貫井1-36-16 練馬区立美術館
  E-mail:museum@city.nerima.tokyo.jp 〆切は5 月2日(必着)

■[記念コンサート]
 Ⅰ「薩摩琵琶と箏による演奏会」
  〔演奏〕荒井靖水(薩摩琵琶)、荒井美帆(箏)
  〔日時〕4 月19 日(土)午後3 時より
  〔会場〕美術館ロビー
 Ⅱ「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン協力コンサート」
  〔演奏〕土谷茉莉子(第1 ヴァイオリン)、加藤美菜子(第2ヴァイオリン)小倉萌子(ヴィオラ)、山田健史(チェロ)、
  〔日時〕4 月26 日(土)午後3 時より
  〔会場〕美術館ロビー

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。