オーイン・ルアンワッタナスク写真展「ミャンマー・変貌する暮らし」

オーイン・ルアンワッタナスク写真展「ミャンマー・変貌する暮らし」 (TOTEM POLE PHOTO GALLERY)
openstatus
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20140401日 -  20140406
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    この情報のお問合せ
    TOTEM POLE PHOTO GALLERY
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    TOTEM POLE PHOTO GALLERY
    住所
    〒160-0004  東京都
    新宿区四谷四丁目22 第二富士川ビル1F
    最寄り駅
    四谷三丁目
    電話番号
    03-3341-9341

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    2010年、長い歴史を持つ多民族国家・ミャンマー(ビルマ)は、ほぼ40年の鎖国を解き、世界に向けて門戸を開きました。
    変革への動きは、停戦協定とそのあとに実施された総選挙で明らかなものとなりました。
    それ以来、ミャンマーはあらゆる面で世界の注目の的となり、世界中の国々がミャンマーの激しい推移にかかわらんと熱い視線を送っています。
     「変貌する暮らし」は、このダイナミックな変革期のミャンマーを柔らかな視線で見つめた写真展です。
    新鋭の写真家オーイン・ルアンワッタナスクは、2011年から3年間、何度もミャンマーを訪れ、色々な土地のさまざまな情景を撮影しました。
    これらの作品は、人々の日常の暮らしを、ある時はドキュメンタリータッチで、またある時はアーティスティックに繋ぎ止め、作者の鋭敏な感性と洗練された表現能力がいかんなく発揮されています。
    作品の多くはモノクローム・35mmで構成され、その質感は粗い粒子が際立つものとなっています。

    After almost four decades of self-imposed isolation, in 2010, Myanmar (Burma), a multi-ethnic country with long history, has peacefully reopened to the world. The transitional movement was evident with a ceasefire agreement and followed by a general election. Since then, Myanmar became world news in almost all aspects, and the outside world has been willing and eager to participate in the turbulent transitional flow of Myanmar.

    “Life in-transition” is an observatory photography work of Myanmar's people during this dynamic period.
    The photographer, Ornin Ruangwattanasuk, have had multiple visits to Mynmar during 2011-2013.
    The photographs were taken in many parts of Myanmar from the North to the South, from the city street to the backyard in a small village.
    The body of work reveals the life of ordinary Myanmar's people in the powerful photographic art, partial documentary and partial artistic work.
    The photographer expresses her talent on “quickness and refinement”. The majority of the works are Black and White images, 35mm format, full of texture and gritty grain.

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。