夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20140412日 -  20140601
開催時間
10時00分 - 18時00分
※金・土曜日は夜間開館(20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休み
月曜日 5月5日(祝・月)は開館、5月7日(水)休館
入場料
有料
一般1300(1100)円 大学生900(700)円
高校生・65歳以上650(550)円 中学生以下無料
※( )内は、前売および20名以上の団体割引料金(高校生・65歳以上は前売なし)
その他入場料については、下記特記事項をご参照ください
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
兵庫県立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
兵庫県立美術館
住所
〒651-0073 兵庫県
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 [HAT神戸内]
最寄り駅
岩屋
電話番号
078-262-0901

詳細

展覧会内容

阪神・淡路大震災20年展 夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ
The Dream of French Paintings From Impressionism to École de Paris
知られざるコレクション!珠玉の71点

 ある収集家によるフランス近代絵画のコレクションから名品71点をご紹介します。
 モネ、セザンヌ、シスレーといった印象派の画家の描く美しい大地の眺め、ルノワールの描く豪奢な室内とそこでくつろぐ人物、モディリアーニ、キスリング、藤田嗣治などエコール・ド・パリの画家たちの哀歓に満ちた女性たち、ヴラマンク、ユトリロらの描く孤独な路上の風景、ルオーの絵に見る人生の重さ、シャガールの絵から強くたちのぼる人生の喜びなど、このコレクションには、今なおわたしたちがフランスに抱く夢と憧れがつまっています。
 これらの作品は、さまざまな「豊かさ」でもってわたしたちを魅了する一方、描かれたものの背後にある、見えない、そして言葉にしがたい「感情」にも、わたしたちを出会わせてくれることでしょう。どうぞ、春一番の風とともに、お楽しみください。

■第1章 印象派とその周辺の画家たち
光の下にある物や人物を明るい色彩で描いた印象派の画家と、彼らが拓いた新しい表現を背景に制作をはじめた画家の作品を展示します。自然が与える美しさや感動を、モネ、シスレー、セザンヌの絵はよく示しています。また、ルノワールはモダンな(近代的な)生活における人物や舞台をよくとりあげました。マルケの風景画とボナールの人物画は、そうした印象派の側面をそれぞれ引き継いでいます。
 [主な出品作家]
  ポール・セザンヌ Paul Cézanne 1839-1906
  アルフレッド・シスレー Alfred Sisley 1839-1899
  クロード・モネ Claude Monet 1840-1926
  ピエール=オーギュスト・ルノワール Pierre-Auguste Renoir 1941-1919
  ピエール・ボナール Pierre Bonnard 1867-1947
  アルベール・マルケ Albert Marquet 1875-1947

■第2章 革新的で伝統的な画家たち
20世紀になって、印象派の画家たちの新しさに対する理解が深まると同時に、表現のさらなる革新を求める動きが現れます。激しい色彩で人間の情動までも描こうとするフォーヴィスムや、事物を見てそれを描くアプローチそのものに根本的に挑んだキュビスムの動きがそれです。しかし、そうした傾向からはじめた画家たちも、第一次世界大戦後には、画面に秩序を求め、伝統的な美術を参照した作品を生み出すようになります。
 [主な出品作家]
  ジョルジュ・ルオー Georges ‒Henri Rouault 1871-1958
  モーリス・ド・ヴラマンク Maurice de Vlaminck 1876-1958
  ラウル・デュフィ Raoul Dufy 1877-1953
  アンドレ・ドラン Andre Derain 1880-1954

■第3章 エコール・ド・パリの画家たち
第一次と第二次の世界大戦の間の 1920年代、30年代、パリにはヨーロッパ各地、そして日本などから多くの若い画家がやってきました。祖国喪失者としての彼らが描く哀愁に満ちた作品は、時に短かった彼らの生涯や、奇行に近い振る舞いを伝える評伝とともに、大きな人気を得ました。そうした一群の画家の代表格ともいえるユトリロ(ただし、パリ生まれ)、モディリアーニ、藤田嗣治(レオナール・フジタ)らの作品を展示します。
 [主な出品作家]
  モーリス・ユトリロ Maurice Utrillo 1883-1955
  アメデオ・モディリアーニ Amedeo Modigliani 1884-1920
  マリー・ローランサン Marie Laurencin 1883-1956
  藤田嗣治 Léonard (Tsuguharu) Foujita 1886-1968
  マルク・シャガール Marc Chagall 1887-1985
  キスリング KISLING 1891-1953

関連イベント

■記念講演会
 「フランス近代絵画の黄金時代 : 印象派からエコール・ド・パリへ」
 講師:千足伸行(成城大学名誉教授)
 5月4日(祝・日) 14:00 ~(約90分)
 ミュージアムホールにて 聴講無料(定員250名)

■学芸員による解説会
 4月19日(土)、5月3日(祝・土)、5月17日(土)、5月31日(土) 16:00 ~(約45分)
 レクチャールームにて 聴講無料(定員100名)

■ミュージアム・ボランティアによる解説会
 会期中の毎週日曜日 11:00 ~(約15分)
 レクチャールームにて 聴講無料(定員100名)

■こどものイベント「"アブラエ"ッテナアニ?」
 5月5日(祝・月) 10:30 ~ 15:30
 アトリエ2にて
 要申込(4月5日より受付開始)
 要参加費(定員30名、小3から中3まで)
 お問い合わせ・お申込み:こどものイベント係 TEL 078-262-0908

■おやこ解説会
 5月24日(土) 13:00 ~(約30分)
 レクチャールームにて 聴講無料(定員100名)

※関連イベントの詳しい情報は当館ホームページをご覧ください。

主催・協賛・後援

主催:兵庫県立美術館、神戸新聞社、サンテレビジョン
後援:公益財団法人伊藤文化財団、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会
協賛:野崎印刷紙業

関連情報

※障がいのある方とその介護の方1名は各当日料金の半額(65歳以上除く)
※割引を受けられる方は、証明できるものを持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください。
※県美プレミアムの観覧には別途観覧料金が必要です(本展とあわせて観覧される場合は割引あり)
※前売券は3月1日(土)から4月11日(金)まで販売します。会期中は販売しません。
※主なチケット販売場所:チケットぴあ(Pコード766-067)、ローソン(Lコード 52281)、セブンイレブン(セブンコード028-197)、
  イープラス、CNプレイガイド、サークルKサンクスほか。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。