ノアの方舟-蒐集による作品たち Noah’s ark Works based on Collection

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20140322日 -  20140706
開催時間
10時00分 - 18時00分
※特別展開催中の金・土曜日は夜間開館(20:00まで)
※入場は閉館の 30分前まで
休み
月曜日
※5月 5日(月・祝)は開館、5月 7日(水)は休館
入場料
有料
一般:当日500円、セット300円、団体400円
大学生:当日400円、セット240円、団体320円
高校生:当日250円、セット150円、団体200円
中学生 無料
※団体-20名以上の料金、セット-特別展とのセット割引料金
その他特記事項を参照ください
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
兵庫県立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
兵庫県立美術館
住所
〒651-0073 兵庫県
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 [HAT神戸内]
最寄り駅
岩屋
電話番号
078-262-1011

詳細

展覧会内容

本展は、ものを集めるという人間の行為に着目し、それに関連する表現を取り上げています。
世界中の事物やイメージを自らのもとに集めようとする人間の志向は、古くから神話などの題材になってきました。本展のタイトル、『旧約聖書』第一書「創世記」の一節「ノアの方舟」も、その代表的なものの一つです。神が引き起こした大洪水に際し、ノアは地上のあらゆる動物のつがいを巨大な船に集め、水が引くのを待ちます。それは生きものの命をつなぎ、そこから新たな世界を創りだすための再生の物語でもありました。
 この「ノアの方舟」の物語を、ものを体系的に蒐集するという意味に捉え、当館の所蔵品の中でも特にものやイメージを集めることがその要素として重要と思われる作品、あるいは、当館に収蔵された個人蒐集家によるコレクションをとりあげ、それぞれの蒐集の意味を解き明かしていきます。そのことによって、さらには「ノアの方舟」をその原型とするとも考えられる現代の美術館・博物館の意味を捉える試みでもあります。人はなぜ、何を目的にして集めるのか。様々に姿を変えて表れる蒐集の形を通して、それを考えてみたいと思います。

兵庫県立美術館では、前身の兵庫県立近代美術館の時代より、40年以上にわたって作品収集を行い、収蔵された作品数は9,000点以上に及びます。
当館1階と2階の展示室で開催される「県美プレミアム」では、年3回の展示替えを行いながら、収蔵品によるテーマ展・館外作品を中心とした小企画展を開催します。
その他、神戸ゆかりの洋画家、小磯良平と金山平三の記念室、さらに近現代の彫刻/安藤忠雄コーナーとあわせてお楽しみください。

主催・協賛・後援

主催:兵庫県立美術館

関連情報

■入場料について
 ※65歳以上は一般料金の半額
 ※障がいのある方とその介護の方1名は各観覧料金の半額
 ※4月1日以降の観覧料について、改定を行う可能性があります。
   詳しくはホームページでご確認いただくか、当館までお問い合わせ下さい。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。