【特別展】富士山世界文化遺産登録記念 富士と桜と春の花

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20140311日 -  20140511
開催時間
10時00分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日〔但し、4/28(月)、5/5(月)は開館、5/7(水)は休館〕
入場料
有料
一般1200 円(1000 円)・大高生900 円(800 円)・中学生以下無料
※( )内は20 名以上の団体料金、および前売り料金
※障がい者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1 名)は無料
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
山種美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
山種美術館
住所
〒150-0012 東京都
渋谷区広尾3-12-36
最寄り駅
恵比寿
電話番号
03-5467-1101

詳細

展覧会内容

2013 年6 月にユネスコの世界文化遺産に富士山が「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として登録されたのを記念し、このたび山種美術館では、富士山を描いた作品を中心にした展覧会を開催いたします。
日本一の高さを誇る富士山は、日本を鎮守する霊山として古来より信仰の対象でした。雄大な独立峰としての姿と周辺の景観の美しさは、万葉の時代から数多くの 詩歌に詠われ、多くの芸術作品を生み出してまいりました。日本人の心のよりどころともいえる霊峰富士に 加え、武士道や大和心にも通じる美意識と深く関わって、古くから日本人に愛され親しまれてきた桜、そして「花の王」牡丹をはじめとする春の花が展示に彩りを添えます。
 富士山を題材にした絵画は、平安時代に歌枕として詠まれた諸国の名所を描く名所絵の成立とともにはじまったと言われています。その後、『伊勢物語』などの物語文学の発達とともに物語の舞台として描かれるようになります。また、富士信仰の成立にともない、室町時代以降には「富士参詣曼荼羅図」のように、信仰の対象として描かれます。江戸時代には、富士山の連作錦絵《冨嶽三十六景》を葛飾北斎が手がけ、歌川広重(初代)は《東海道五拾三次》の中に富士山を効果的に描いています。明治以降の日本画にみられる富士山は、伝統的な技法や従来の崇高な霊峰としてのイメージにとらわれず、さまざまなアプローチで描かれ、横山大観《霊峰不二》や奥村土牛《山中湖富士》のように、画家の個性が反映された表現が見られるようになります。
 本展では、「日本画にみる富士」「名所絵のなかの富士」「富士と桜と春の花」という3 つの切り口から富士山を描いた作品を厳選してご紹介いたします。季節にふさわしく、豪華絢爛と咲き誇る桜花と清々しい春の花の魅力もたっぷりとお楽しみいただける展覧会です。

〔一部展示替 前期:3/11~4/13、後期:4/15~5/11 浮世絵展示 Ⅰ期:3/11~3/30、Ⅱ期:4/1~4/20、Ⅲ期:4/22~5/11〕

主催・協賛・後援

主催:山種美術館・朝日新聞社

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。