neutron tokyo 冬の特別企画展『Home, Sweet Home』

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20101208日 -  20101226
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
最終日の展示は18:00までとさせて頂きます。
月曜定休
クリエイター在廊
この情報のお問合せ
ニュートロン東京店
03-3402-3021
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
neutron tokyo
住所
〒107-0062 東京都
港区南青山2丁目17-14
最寄り駅
外苑前
電話番号
03-3402-3021

詳細

展覧会内容

neutron tokyoでは、今年も年末にグループ展を開催します。タイトルの通り、テーマは「家」または「家族」。
このギャラリーがもともと居住空間としての「家」であったことを活用し、極めて家庭的な雰囲気を演出しつつ、
落ち着くけど何だか居心地の悪い様な、それでいて懐かしさや切なさで噎せ返るような、
「家」という概念を体感的に楽しませたいと思っております。
(キュレーション : 石橋圭吾)

 東京都南青山二丁目17-14。真っ白で真四角の一際目立った建物は、建築当時からそのような躯体を表して
いたのだという。とある建築設計事務所の手によるモダンでストイックなフォルムを備えた住宅として、およそ
10 年程前に建てられた当時は建築雑誌の誌面を飾ったりもし、今でも一部カタログなどに当時の面影(と言っても
ほとんど変わらないのだが)を見る事が出来る。さらに、奇遇な事にこの物件の当時のオーナーであり施主である
人物は、アパレルのデザイナーとして活躍される一方、アートのコレクターとしてここを訪れたことがある。私に
とっても驚きの出会いであったが、その方も旧自宅がこのようにギャラリーとして使われていることに喜びを
感じて頂けたようであった。しかし人間の気持ちは複雑なもので、やはり自分が建てた家だからこそ、頻繁に訪れる
対象とはなりにくいのだろうか。その後私はここでその方にお目にかかっていないのだが、それはなにか「家」に
対する少なからぬ思いの表れのような気がして、「また気軽にお越し下さいね」などと声をかけた自分がちょっと
恥ずかしい気もしている。ここはもう、誰の家でもなく、架空の居宅として設定されたギャラリーでしかない
のだから。
 一般にアートギャラリーとは季節や時間による自然環境・条件の変化をなるべく受けない様に、閉ざされた
形で作るものとされ、まさか南向きの大きな窓から自然光が差し込むことなど想定していない。それにわざわざ
キッチンを作ったり、ダイニングテーブルセットや応接ソファーをどんと置いたりもしないだろう。だが私が
この物件を初めて見つけた当時(2008 年2月頃)、既にモデルハウス然と仕立てられていたこの建物内には
ソファーセットやリビングテーブルなどが当たり前のように置かれており、その佇まいには戸惑いよりも大きな
説得力を感じたのを今でも覚えている。- 人間の住んでいた空間、そして人間が居なくなってもなお、
住むことを前提に存在する空間。それは例え風呂場をタイルだけ残して事務所にしようと、ベッドやクローゼットを
退けようとも、消すことの出来ない匂いのように何かが染み付いた所であり、この空間に展示する作品に対し日常
という現実への歩み寄りを否が応でも要求するのである。
 それはまさに、私自身が考えるこれからの美術というものへの問いかけとも一致する。西欧的価値観に束縛され
大きさや物量、広大なランドスケープを制圧することが良しとされ、人との関わりや自然との共存を深慮する
ことなくエゴの塊として提示されてきた20 世紀末期以降の「現代美術」達は、まるで自身が絶対的権力と存在意義を
有する王様のように振る舞い、身の回りの環境と継続的なケアを要求し続けてきた。だがそれらは日増しに私達の
生活そのものから切り離され、個人邸に存在する事をやめ、ごく僅かな少数の人間のために価値操作を繰り返し
ながら砂上の楼閣を築いた。その虚像の城には人間の営みは存在しない。だからこそ、私が実現したいのは人間の
人生・生活と切っても切り離せない美術の存在の仕方であり、どんなにそれが個人的な関わりであろうと、万人に
波及するものであろうと、誰かの執着や執念によってこそ存在し得る美術というものを、この空間で提示したいと
考えているのである。
 この企画展に出展する15名はおよそ全て、この一年間に京都または東京のニュートロンで発表を行い、高い
評価を獲得した者達であり、その作風及び作品の在り方が個人の人生・生活にささやかな/大きな影響を
与えると思うに足る作家ばかりである。当然のことながら作品の数は全館通じてかなりの数に上るのだが、それと
同時に見て頂きたいのは、出展作家達の自宅から持ち寄ることになる家具・什器達である。作家の人生観や思想を
表す作品と、作家の一個人としての生活の傍らに存在する家具。それは各々の自宅やアトリエでは共存して
当たり前の物でありながら、こうしてその場所を切り離されて架空の家に持ち寄られた時、作品は作品として、
家具は家具として、どのような距離を測りながら存在するのだろうか・・・。
 当然ながら15名のテイストやセンスがバラバラである以上、辻褄の合わない設定も多々見られることだろう。
だがそれもまた、人間の生き様の一部分であると解釈して頂ければ幸いである。かく言う私も、インテリア雑誌に
登場する神経の行き届いた矛盾の無い生活空間よりも、生きているからこその混濁が見え隠れする散らかった
空間の方が断然、心躍らされるものがあると感じている。
neutron代表 石橋圭吾

関連イベント

12月11日(土)の15:00~21:00まで、作家とともに皆様をお招きする「Home Party」を開催致します。
(入場無料 / お酒やおつまみをご希望の方は有料¥1,000 にて)
当日はお時間の許す限り、ゆっくりお過ごし下さい。
※通常のオープニングパーティーは開催致しません。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。