Lagrangian point ラグランジュポイント 展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140211日 -  20140223
開催時間
11時00分 - 19時00分
最終日は18:00まで・金曜のみ20:00まで
休み
月曜日
この情報のお問合せ
Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]
Tel・Fax:075-231-0706
Mail:info@galleryparc.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒602-8242 京都府
〒602-8242 京都府京都市上京区皀莢町287  堀川新文化ビルヂング 2階
最寄り駅
京都市バス「堀川中立売」
電話番号
075-334-5085

詳細

展覧会内容

 ギャラリー・パルクでは、2014年2月11日[火]から2月23日[日]まで、展覧会「Lagrangian point -ラグランジュポイント-」を開催いたします。

 本展は主催を愛知県立芸術大学・現代美術研究センター構想として、同大学准教授である美術作家・大﨑のぶゆきの企画によるものです。その趣旨を『愛知県立芸術大学油画専攻の在学および卒業生による展覧会として企画したものであり、彼らが日本の中間地点「愛知」という場所で思考し、表現しつつあるものを紹介することでその「視点」を考察する試み』として、愛知県立芸術大学油画専攻の在学および卒業生より5名を選抜して開催される本展は、そのキャリアやジャンルは幅広いながらも、いまだ未分化とも呼べる「現在進行形」の若い作家達の視点に注目するものです。

 「あいちトリエンナーレ2013」出品作家であり2011年に愛知県立芸術大学大学院を修了した荒井理行をはじめ、田中成美、杉浦由梨・三浦友里・山口麻加の5名の出品作家はいずれも同大学在学・卒業の若手作家であり、その表現は絵画・版画・インスタレーションと幅広いものです。個々の表現においてはいまだ発展途上段階にあるといえる5名の作家は、しかし、その未完成さを置いても個々の表現には未だ大きな文脈に位置づけ難い独特の様相を見ることができます。また、あるいはそこに現在のアートシーンにおける「東京」や「京都」「大阪」といった地の影響の少ない、様々なベクトルの「中間地点」としての愛知が持つ特性を垣間見ることも出来るのではないでしょうか。

 タイトルを「ラグランジュポイント=天体力学における円制限三体問題の5つの平衡解。いくつかの力(ベクトル)が釣りあった(打ち消しあ った)場所」とする本展は、現在進行形のベクトルにある若手作家の「未分化であること」の可能性を見据える機会であるとともに、その表現・ 視点を追うことから現在の「愛知」というアートシーンの魅力を改めて捉えなおす機会になるのではないでしょうか。
 折しも京都市内で各大学の卒業制作展が立て続けに開催される期間にあって、近くて遠い「愛知」からの未知数のベクトルに触れ、多様な表現の可能性を垣間見る機会としてお楽しみいただければ幸いです。

主催・協賛・後援

主催:愛知県立芸術大学・現代美術研究センター構想
協力:ギャラリー・パルク

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。