状況の配列

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140226日 -  20140315
開催時間
10時00分 - 20時00分
クリエイター在廊

2月26日、3月15日
入場料
有料
一般400円(300円)、学生300円(200円)、()は前売料金/チケットぴあ
高校生以下・アルティアムカード会員・イムズカード(三菱地所グループCARD)会員無料、再入場可
この情報のお問合せ
三菱地所アルティアム
情報提供者/投稿者
開催場所
三菱地所アルティアム
住所
〒810-0001 福岡県
福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
最寄り駅
福岡
電話番号
092-733-2050

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

観る者の創造性を刺激する″状況″へ

荒神明番(こぅじんはるか)、wah document(わうどきゅめんと)らによって組織された現代芸術活動チーム目【め】の新作インスタレーションを発表します。チームのクリエイティビティの源泉を担う荒神は日々の営みや体験の中で遭遇した驚きや不安をインスタレーション作品として発表してきました。アイデアの種となるのは、たった2本の足で地球に立っているという心許なさ、目に映る光景が不可解な物体となって迫る感覚など、誰もが共感し得る一方で伝達困難なもの。それらを他者にも伝えるべく、空間にその現象を再構成してきました。
 荒神の発想を共に膨らませ、制作を担うのは南川憲二(みなみがわけんじ)と増井宏文(ますいひろふみ)によるアート活動wah document。アート作品のアイデアを一般募集して即興的に形作る参加型プロジェクトを各地で展開してきました。家の中がアスレチックになる、川の上でゴルフをする、校庭のど真ん中で風呂に入る…。人々の潜在的願望に形を与え、その過程を共有することで「芸術的な体験と遭遇する瞬間」を参加者に届けてきました。
 荒神が伝えようとする”現象”も、Wahの目指す”瞬間”を生むことも、作品と鑑賞者のあリ方が強く結びついた創作活動です。そして、本展で彼らは更なる作品と鑑賞者との結びつきを要求しようとしています。鑑賞者の感覚や記憶の中に作品の真相を成立させようとするのが、本展でギャラリーの中に設置された″状況″です。鑑賞者の創造性が本展の状況と掛け合わさったとき、「観る者の知る世界が揺るがされる」と彼らは言います。一体どんな状況が待ち受けるのでしょうか。

--作家のこれまでと本展のための新作について

アーティスト荒神明番は1983年広島県生まれ。物心ついたときから「作品なるもの」を作り、日本初の公立現代美術館である広島市現代美術館(1989年開館)のTVCMを見て「これだ!」と直感し、以後、現代美術の道を走ってきました。川面の風景に着想を得て造花を解体・再構成することで表現した《reflectwo》、夢のように輝いていた破片=事故車のガラスを拾い集め
光を灯した《toi,toi,toi》など、幾何学的な造形美をともなって空間を変容させるインスタレーション作品を国内外で発表しています。
 2010年より荒神と制作スタジオを共にするwah document南川と増井は、一般不特定の参加者から集めたアイデアを集団表現活動として実現させて参加者と共有し、各地の展覧会ではその記録映像や写真、企画書などを発表してきました。
彼らに共通するのは人々の潜在的な意識や願望に形を与え、鑑賞者・参加者を引き込む”状況”を作り上げてきたことです。本展では荒神が5歳の頃に陥った「たった2本の足の、しかも靴の裏側だけを地面にへばりつかせているだけでは、この地点に身体を留め続けさせることは困難だと感じた。」という感覚に端を発した、異空間と日常の営みに関わる”状況”を作り出します。

アーティストステートメント

我々のこの世界は、ごく微小の粒で構成されている。目の前のテーブルも、この身体も、それらをとりまく大気も全て、無数の微細な粒の配列である。そしてその粒の組み合わせを一つ組み替えるだけで、圧倒的な現実の変化を起こし得る。例えば、水に熱を加えると蒸発する。ただそれだけのことで、気象という莫大な大気の変化が引き起こされる。我々は、そういった可能性やその必然と常に隣り合わせに生活をしている。

「椅子は座ることができる」それを覚えているだけで、我々は目の前にある一度も座ったことのない椅子らしき形状のものに座ろうとする。荒神明香が5歳の頃、地面に寝転がっていたとき、空に落ちてしまいそうな感覚に陥ったことがある。「地面から体を離せず、他の友達たちがきちんと地面にくっついているかをしきりに確認していた。」「たった2本の足の、しかも靴の裏側だけを地面にへばりつかせているだけでは、この地点に身体を留め続けさせることは困難だと感じた。」地表から外の、地中よりも遥かに圧倒的で広大な世界へ放出されないためには、昨日までは立っていた、あるいは重力がある、そういった何とも頼リのない根拠だけでは、確信ができなくなった。

我々は広大な宇宙空間の中で自転し、太陽の周りを公転している。それは現実に私たちが今いるこの地点が、ほんの一瞬前まで宇宙空間の中にあったということを示している。我々は、一度もこの地点に留まったことがない。

関連イベント

■オープニングレセプション
 2014年2月26日(水)18:30~20:00
 入場無料、予約不要
 作家来場

■ギャラリートーク
 2014年3月15日(土)14:00~
 参加無料(展覧会チケットは別途必要)、予約不要
 作家来場

主催・協賛・後援

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団
企画協力:SCAI THE BATHHOUSE

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。