裏平成都市論

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140208日 -  20140308
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
日・月・祝
入場料
無料
この情報のお問合せ
ギャラリーモモ プロジェクツ(六本木)
情報提供者/投稿者
開催場所
GALLERY MoMo Projects
住所
〒106-0032 東京都
港区六本木6-2-6 2F
最寄り駅
六本木
電話番号
03-3405-4339

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

GALLERY MoMo Projects では2 月8 日( 土) から3 月8 日( 土) まで平俊介による個展「裏平成都市論」を開催致します。
 平俊介は1988 年東京都生まれ、2012 年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、現在同大学院美術研究科油画専攻に在籍、2011 年以降私たちのギャラリーでのグループ展に参加し、今展が初個展となります。
平は現実的な建造物や構造物に空想を加味するように描くことで、産業革命以降突き進んできた、現代文明の持つ矛盾や人々の持つ欲望を暴き、近未来を象徴的に炙り出す作品を生み続けています。
緻密に描かれた建造物は、架空のものと承知しつつ、現実感を持って見る者に迫り、既視感とまだ見ぬ未来を混在させ、理想と欲望の往き着く先に狂気を感じて、私たちを不安に陥れます。
 しかし、いくつかの作品に描かれる窓の明かりや光に、ささやかな希望を見出すことはでき、私たちがどこを目指すべきか、描かれた世界を反転させることで見えてくる世界もあり、絶望の淵にありながら一抹の救いを感じさせられます。
展示予定のアクリルによる10 点前後の作品は、都市部、浅草寺、工業地帯など様々な建築を描いていますが、作家が感じる矛盾を強調しながら加えることで、それぞれ異なる独特の世界を作り出しています。五美大展などのイベントと合わせて、ご高覧いただければさいわいです。

アーティストコメント
今日の都市風景は独特の気配を持っているように感じる。ガラスや照明で華やかに飾られたオフィスビルや巨大商業施設は、その表皮の奥に虚しさを隠し持ち、機能のみを追求した工業地帯のコンビナートは狂気めいた気配を放っている。
人の作り出すものには、おそらく人の欲求や願望、あるいはその時の時代性が表れるのではないだろうか。
私は架空の建造物、構造物によって、建造物と人々の心理の関係性や、都市に対する違和感などを視覚化したいと考えている。

                                                                 2013 年 平 俊介  

関連イベント

オープニングレセプション: 2014 年2 月8 日(土) 18:00 - 20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。