昔の暮らし 和 WA 日本の伝統工芸品

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20140111日 -  20140302
開催時間
10時00分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日(ただし祝日の場合は翌火曜日休館)
2月10日(月)から21日(金)は展示替えにつき休館
入場料
有料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中学生以下無料
※「The Collection“具体円熟/終幕”“芦屋ライフスタイル劇場”」展の観覧料も含む
※( )内は20名以上の団体料金
※ 高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額になります。
※「第31回 芦屋市造形教育」展開催時は観覧料無料となります。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
芦屋市立美術博物館
情報提供者/投稿者
開催場所
芦屋市立美術博物館
住所
〒659-0052 兵庫県
芦屋市伊勢町12-25
最寄り駅
芦屋
電話番号
0797-38-5432

詳細

展覧会内容

長年にわたり、受け継がれてきた技術によって作られる品々を伝統工芸品と言います。婚礼の際に用いられた打掛など着物の色鮮やかさ、優美な蒔絵の施された重箱など日本独自の工芸品は、今も多くの人々の目を魅了して止みません。さらに、からくり仕掛けの郷土玩具や桃の節句に飾られる雛人形など、細かな細工が施された人形からは、古くから日本人が培ってきた卓越した技術を見出すことが出来ます。
本展では、江戸時代から昭和の時代にかけて人々に愛用された品々をご紹介し、そのルーツを辿り、優美で繊細な日本文化のもつ魅力を再認識して頂きたいと思います。

関連イベント

(1) 古文書講座 『摂津名所図会』を読む(前編・後編)
 前編-日時:1月26日(日) 午後2時~3時
 江戸時代に編纂された『摂津名所図会』をテキストとして、かな文字の解読法を講義し、江戸時代における芦屋市周辺の
 歴史をご紹介します。
 後編-日時:2月2日(日) 午後2時~3時
 『摂津名所図会』などをテキストとして、2月3日の節分に因み、節分などの神事に関する記録を分析します。

(2) 古文書講座 浮世絵から読み解く江戸時代の社会(前編・後編)
 前編-日時:2月22日(土) 午後2時~3時
 後編-日時:3月2日(日) 午後2時~3時
 浮世絵版画に書かれている崩し字を解読し、浮世絵が描かれた江戸時代当時の社会に迫ります。

(1)、(2)はいずれも
 講師:当館学芸員
 会場:講義室
 参加費:無料(要観覧券)
 定員:60名
 ※どなたでもご参加いただけます。

(3) 学芸員によるギャラリートーク
 日時:2月23日(日)14:00~
 会場:展示室
 参加費:無料(要観覧券)

同時開催:
 「The Collection“具体円熟/終幕”“芦屋ライフスタイル劇場”」展 2014(平成26)年1月11日(土)-2月9日(日)
 「第31回芦屋市造形教育展」 2014(平成26)年2月22日(土)-3月2日(日)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。