エドワード・スタイケン写真展

案内状
openstatus
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20101215日 -  20101225
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    会期中無休
    クリエイター在廊
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    03-3470-2631
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ときの忘れもの
    住所
    〒113-0021 東京都
    文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
    最寄り駅
    駒込
    電話番号
    03-6902-9530

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    エドワード・スタイケンは、20世紀のアメリカの写真にもっとも大きな影響を与えた写真家であるだけでなく、キュレーターとして数々の写真展を企画し、写真界の発展に多大な貢献をしました。はじめヨーロッパ美術の影響を受けたピクトリアル(絵画的)写真を発表し、若くしてその存在を知られるようになります。1904年の作品"The Pond-Moonlight"は、2006年のオークションで約3億5千万円という1枚の写真作品としては最高金額で落札され、いまだにその記録は破られていません。第一次世界大戦で陸軍の航空写真班として従軍したことから、戦後は、シャープなストレートフォトになり、カメラの機能を駆使した実験的な作品にも取り組みます。1923年コンデナスト社と契約し、『ヴォーグ』や『バニティ・フェア』のためにファッション写真を撮ったほか、広告写真でも第一人者となり、当時もっともギャラの高い写真家といわれました。1911年に『Art et Decoration』に掲載された、スタイケンによるポール・ポワレがデザインしたガウンの写真は、歴史上初めてのファッション写真と見なされており、1920年代からのライティングを駆使したファッションやポートレート写真は、後進の写真家の手本となりました。1947年ニューヨーク近代美術館の写真部門のディレクターに就任し、1955年に開催された写真展「ザ・ファミリー・オブ・マン」展は、世界38ヵ国を巡回し、900万人が見たといわれます。
    今回の展覧会は、1986年と1987年に写真家のジョージ・タイスによってオリジナルネガからプリントされ、出版されたポートフォリオから、1920年代か30年代の作品を中心に、ヌード、ファッション、風景、ポートレートなど17点を展示いたします。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。