飛田英夫 『Le déclic』

  • 印刷する
会 期
20131213日 -  20140131
開催時間
11時00分 - 19時00分
土曜 11時00分~18時00分
休み
日・祝
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
EMON PHOTO GALLERY
情報提供者/投稿者
開催場所
EMON PHOTO GALLERY
住所
〒106-0047 東京都
港区南麻布5-11-12 togoBldg, togo Bldg. B1
最寄り駅
広尾
電話番号
03-5793-5437

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度 EMON PHOTO GALLERY では、飛田英夫による個展『Le déclic』を開催致します。
飛田は、過去20年以上にわたり、一つ一つ自ら制作したミニチュアの世界を大判カメラのポラロイドフィルムで撮影するという一貫した手法で作品を作り続けてきました。
フランス語でシャッターを切る”カチッ”という音を指すdéclicをタイトルとした本展は、そんな彼の集大成ともいえるほぼ全作品を展示致します。地道にミニチュアを作成し、1枚のポラロイドに焼き付けると、制作したミニチュアは壊してしまう。ストイックで刹那的に作品と向き合ってきた彼は、閉じ込めた世界で旅をして、恋をする。小さなポラロイドフィルムを覗き込むとき、我々が連れて行かれるのは、彼が作り上げたイメージの世界を越えて、どこか懐かしい、自分自身の遠い記憶に出会うようでしょう。
本展示では、中世から伝わるヨーロッパの古典的製法・技術に忠実に額を制作している額縁アーティスト「石井晴子(KANESEI)」を迎え、飛田作品のために特別に制作されたオリジナル1点物の額とともに、飛田の各エディション1のみの、この世に唯一1点の作品世界をお楽しみください。

『Le déclic』

“ 突然カチリと何かがはずれたような音がする。
それと同時に主体は、それにまつわる色彩と重さの一部を引き離し
ながら、自分を客体からむしり取る。
何かが世界の中ではじけ飛んでしまったのであり・・・”
ジル・ドゥルーズ 『ミシェル・トルニエと他者なき世界』
( 丹生谷貴士訳)

方向をずらし、離し離れ、何を?何から?
そしてシャッターを切る。
飛田英夫

関連情報

Opening Reception
2013.11.29 Fri 18:00~20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。