松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20131026日 -  20140126
開催時間
9時30分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日(ただし11月4日、12月23日、 1月13日は開館)、 12月29日(日)-1月3日(金)
入場料
有料
一般1,100円(1,000円)、20歳未満・学生950円(850円)、 65歳以上550円、高校生100円
※( )内は20名以上の団体料金です。
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料です。
※その他の割引につきましてはお問合せください。
※ファミリー・コミュニケーションの日: 毎月第一日曜日(今回は11月3日、12月1日、1月5日)は、18歳未満のお子様連れの ご家族は優待料金(65歳以上の方を除く)でご観覧いただけます。
※無料開館日「神奈川県立近代美術館開館記念の日」:11月17日(日)は、 神奈川県立近代美術館で開催中の3つの展覧会を無料でご観覧いただけます。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
神奈川県立近代美術館 葉山
情報提供者/投稿者
開催場所
神奈川県立近代美術館 葉山
住所
〒240-0111 神奈川県
三浦郡葉山町一色2208-1
最寄り駅
逗子
電話番号
046-875-2800

詳細

展覧会内容

「BA-TSU」のデザイナー松本瑠樹(1946-2012)の世界的なポスターコレクションから、ワシーリー・カンディンスキー、カジミール・マレーヴィチ、ウラジーミル・マヤコフスキー、アレクサンドル・ロトチェンコ、ウラジーミルとゲオールギーのステンベルク兄弟、グスタフ・クルーツィスなどの多くの未公開作品を含むポスター約180点によって、ロシア革命前から1930年代前半までのソヴィエト連邦初期のモダニズム・デザインの歴史的展開を3つの章によって紹介します。

I. 帝政ロシアの黄昏から十月革命まで
革命前のカンディンスキーによる「ファーランクス」のポスターやマレーヴィチによる「今日のルボーク」から、革命直後の「ロスタの窓」まで

II. ネップ(新経済政策)とロシア・アヴァンギャルドの映画ポスター
映画産業の再始動とともに興隆したいわゆる「ロシア・アヴァンギャルドの映画ポスター」。77点のステンベルク兄弟をはじめ、プルサコーフ、ルクレフスキー、ロトチェンコなど計120点

III. 第一次五カ年計画と政治ポスター
1930年前後のクルーツィスによる工業化と農業の集団化をテーマとするポスターや政治指導者たちを描くポスターを中心に約40点

[松本瑠樹コレクションとは?]
1980年代から90年代にかけて若者の間でブームを巻き起こしたDCブランドのひとつ「BA-TSU」。その創業者でデザイナーの松本瑠樹は世界的なポスター蒐集家としても知られ、アールデコ、バウハウス、ロシア・アヴァンギャルドなどの芸術運動を網羅したポスターコレクションは2万点にも及びます。

関連情報

○オープニング・トーク
 10月26日(土) 午後3時30分―4時
 講師:籾山昌夫(当館主任学芸員)
 申込不要、無料 (ただし「ユートピアを求めて」展観覧券が必要です)。

○記念講演会
 11月3日(日) 午後2時―4時
 「幸福工場としてのソヴィエト・アヴァンギャルド」
 講師:亀山郁夫(名古屋外国語大学長)
 要申込(先着順)、無料

 11月17日(日) 午後2時―4時
 「ロシア/ソヴィエトのポスターの展開 1900-1933」
 講師:籾山昌夫(当館主任学芸員) 申込不要、無料

○ワークショップ
 11月23日(土) 午後1時30分―4時30分
 「ロシア・アヴァンギャルド風――
  楽しいコラージュ/モンタージュ教室」
 講師:飯沢耕太郎(写真評論家・コラージュ作家)
 要申込(先着順)、無料

講演会とワークショップの会場:
神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
※詳細はホームページをご覧ください。

○学芸員によるギャラリー・トーク
 12月7日(土)、1月19日(日)
 いずれも午後2時―2時30分
 申込不要、無料 (ただし「ユートピアを求めて」展観覧券が必要です)。

[エイゼンシテイン/ドヴジェンコ 映画上映会]
上映時間:各日 午前10時30分~、午後1時~、午後3時~ (1日3回、休館日を除く)
会 場:神奈川県立近代美術館 葉山 第4展示室
*入場無料
*いずれも著作権承認を受けたDVDによる上映です。

10月26日~11月17日 (休館日:11月4日を除く月曜)
「十月」 1928年 ソヴィエト連邦 101分(サイレント)
監督:セルゲイ・エイゼンシテイン/グリゴーリー・アレクサーンドロフ
音楽:ドミートリー・ショスタコーヴィチ

11月19日~12月8日 (休館日:月曜)
「全線~古きものと新しきもの~」 1929年 ソヴィエト連邦 91分(サイレント)
監督:セルゲイ・エイゼンシテイン/グリゴーリー・アレクサーンドロフ

12月10日~1月5日 (休館日:12月23日を除く月曜と12月29日~1月3日)
「戦艦ポチョムキン」 1925年 ソヴィエト連邦 74分(サイレント)
監督:セルゲイ・エイゼンシテイン
音楽:ドミートリー・ショスタコーヴィチ(後補)

1月7日~1月26日(休館日:1月13日を除く月曜)
「大地」 1930年 ソヴィエト連邦 87分(サイレント)
監督:アレクサンドル・ドヴジェンコ

主催・協賛・後援

主 催:神奈川県立近代美術館、東京新聞
後 援:ロシア連邦外務省、ロシア連邦文化省、 在日ロシア連邦大使館、ロシア連邦文化協力庁、ロシア文化フェスティバル組織委員会
特別協力:Ruki Matsumoto Collection Board
協 力:株式会社studio仕組

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。