Beyond the Ultraworld

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20101203日 -  20101225
開催時間
13時00分 - 19時00分
休み
休廊: 日・月・火・祝日
クリエイター在廊
この情報のお問合せ
Ohshima Fine Art 03-3235-2271
情報提供者/投稿者
poster
開催場所
Ohshima Fine Art
住所
〒101-0061 東京都
千代田区三崎町2-21-6 1階
最寄り駅
水道橋
電話番号
090-8815-7950

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

今回の個展では、タイトルの通りに、さらにその先に行ける可能性を示す。それに続く道は、新しいコンセプトである“抽象化”というキーワードに繋がっている。
創作の世界で抽象化とは、狭い意味では、いわゆる具体的なカタチが無いものといえるが、広く捉えると、形に縛られない概念的な哲学を純化して、視覚化する行為である。
宮城勝規の作品に登場する人物は、今回も、子供や人間とは特定していないのだが、その子供(のようなもの)は、変えようのない日常や、常識に囚われている視覚の制限から自由になれる“心”という象徴である。また、これら子供の一見抽象的に見える姿は、そのような気持ちの有り様に気がついた鑑賞者の視点や思考、心を自由にしてくれる“眼”を与えてくれるであろう。
いわば”心的抽象”というべき新たな地平に向かって、目の前に現れてくる生き物が、以前より成熟した子供として描かれているように、新たな表現の次元へ、一歩踏み出していると思えるのだ。

In this exhibition, as the title, he proposes the possibility to go beyond. The way for it is linked to the keyword 'abstraction,' which is his new concept.
In the world of creation, abstraction doesn't have a sort of concrete figure in narrow meaning. However, at the wide point of view, it is an act to purify and to visualize his conceptual philosophy that isn't restricted in form.
People in MIYAGI Katsunori's works aren't defined as children or human beings. The children (the children-like things) are the symbol of 'heart' that is free from unchangeable everyday life and limit of vision being captured by common sense. And the appearance of the children seemingly abstract, it gives the viewers the 'eyes' that free them who became aware of the state of feeling, and their points of view, thought and hearts.
As the creatures that appear in front of us are drawn as maturer children than before, he seems to step into a dimension of new expression 'mental abstraction.'

関連情報

オープニングレセプション: 12月3日(金)  18時 - 20時30分
Reception for the artist : December 3  18:00 - 20:30

MORI YU GALLERYと合同オープニングです。

また、12月18日(土)はimura art gallery、MORI YU GALLERYと合同でアートクリスマスパーティを開催いたします。
山口裕美さんのミニ講演とワンピース倶楽部の石鍋博子さんのお話があります。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。